日本通信、SaaS型の統合メールセキュリティサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本通信、SaaS型の統合メールセキュリティサービスを提供


掲載日:2007/03/09


News

 日本通信株式会社は、複数のアンチウイルスエンジンやスパムフィルタリング技術などを備えた統合メールセキュリティサービス「Postini Perimeter Manager Enterprise Edition」を、3月12日より提供する。SaaS(Software as a Service)型で提供される。

 「Postini Perimeter Manager Enterprise Edition」では、メールサーバにメールが到着する前にスパム/ウイルス/フィッシング詐欺などのメールを除去し、安全なメールのみをサーバへ配信する。企業内の個人やグループといった単位でポリシーを設定し、各ユーザーの使用ディスク量や合計利用率、統計情報などを管理することもできる。新たなソフトウェアやアプライアンス機器は不要で、コストを抑えて迅速にメールセキュリティサービスを導入することができる。

 オプションとして、メールのアーカイブ/暗号化などのサービスも用意されている。メールアーカイブでは、処理サーバを介して送受信されたすべての(または企業内の特定の組織を指定して)メール/添付ファイルを保存でき、条件を付して検索することもできる。暗号化では、TLSまたはSSLを利用し、ユーザー企業のビジネスパートナーやエンドユーザーとの間でのメール暗号化通信を容易/自動的に構築することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フィルタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フィルタリング」関連情報をランダムに表示しています。

「フィルタリング」関連の製品

DNS防御のベストプラクティス――脅威対策の導入と同時に実行すべき6つの項目 【アカマイ・テクノロジーズ】 サイトアンパイア 【アルプス システム インテグレーション+他】 なぜ「再帰DNS」は標的型攻撃で狙われやすいのか? 【アカマイ・テクノロジーズ】 InterSafe MobileSecurity/InterSafe MobileSecurity Lite 【アルプス システム インテグレーション】 これまでのセキュリティ対策で防げないDNSの悪用から、どう企業を守ればいい? 【アカマイ・テクノロジーズ】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング
DNS防御のベストプラクティス――脅威対策の導入と同時に実行すべき6つの項目 ルータ一体型のURLフィルタリングサービス。ルータでの一括設定/管理で、運用の手間やコストを削減。簡単な設定と分かりやすいカテゴリで中小規模オフィスに最適。 なぜ「再帰DNS」は標的型攻撃で狙われやすいのか? スマートデバイスのWeb閲覧やアプリ利用、社内アクセスを一括制御するセキュリティサービス。専用アプリ不要でSafariやAndroid標準ブラウザが使え既存システムに影響なし。 これまでのセキュリティ対策で防げないDNSの悪用から、どう企業を守ればいい?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017718


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ