日本HP、アジア太平洋地域でのIT資産標準化購入プログラムを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、アジア太平洋地域でのIT資産標準化購入プログラムを提供


掲載日:2007/03/08


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、日本を含むアジア太平洋地域でビジネスを展開するグローバル企業を対象に、IT統制とTCO削減、資産管理を支援するIT資産標準化購入プログラム「アジア・パシフィック標準化購入プログラム」の提供を、開始した。

 「アジア・パシフィック標準化購入プログラム」では、指定の機種/構成のPCやプリンタなどの製品を、同社とあらかじめ合意した価格で発注することができる。毎回の発注に伴う機種や構成の選択、交渉や見積取得などの工数を削減できるほか、固有のOSイメージ(あらかじめ詳細情報を設定/構成済みのOS)のプリインストールや、固定資産シールなどのアセットタグの事前添付なども可能となっている。また、アジア太平洋地域での発注窓口を集約し、導入したIT資産の管理も同時に行なえるため、サポート業務も簡略化することができる。



出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「日本ヒューレット・パッカード」セミナー

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 運用する時間がない……インベントリツール活用の不安を解消できる意外な選択肢 【ディーアールエス】 意外と使いこなせない「インベントリツール」、IT資産管理で有効活用するには? 【ディーアールエス】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 活用しないのはもったいない! IT資産管理ツールで企業価値を高める方法 意外と知らないインベントリツールの機能 フル活用で得られるメリットとは? IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017711


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ