ライフボート、情報漏洩対策ツールの新版と上位製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ライフボート、情報漏洩対策ツールの新版と上位製品を発売


掲載日:2007/03/06


News

 株式会社ライフボートは、情報漏洩対策ツールの新バージョン「USB HardLocker Standard Version 3.0」と上位製品「USB HardLocker Professional Version 3.0」を株式会社エスコンピュータと共同開発し、3月23日より発売する。

 「USB HardLocker Standard Version 3.0」は、USB機器とパスワードを用いた認証機能に加え、PCロックや暗号化された秘密領域、ストレージ追加禁止、操作ログ収集/保存機能を備えた情報漏洩対策ツール。“USB機器”/“パスワード”/“USB機器×パスワード”による鍵を利用することができる。内蔵HDD上の空き領域に秘密領域(鍵がないと見えない領域)を作成でき、あらかじめ登録された鍵により開錠された時のみアクセスすることができる。

 ストレージ追加禁止機能では、未許可デバイスを検出すると自動的にスクリーンロックがかかり、操作を禁止することができる。解錠/施錠に関するログに加え、ログオン/ログオフやハードウェアの追加/削除、ファイルやインターネットへのアクセス、キーボード操作などをログファイルに記録することができる。Windows Vistaにも対応している。「Professional」では、指紋認証に対応し、鍵情報の一括設定機能も備えている。なお価格は、「Standard」が7800円、「Professional」が5ライセンスで5万4000円からとなっている。


出荷日・発売日 2007年3月23日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】 カード会員データを強力に保護、「PCI DSS」対応に必須の多要素認証とは? 【ジャパンシステム】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】
認証 認証 認証 認証 認証
次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 カード会員データを強力に保護、「PCI DSS」対応に必須の多要素認証とは? 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017666


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ