TCBテクノロジーズ、H.239対応のビデオ会議システム新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TCBテクノロジーズ、H.239対応のビデオ会議システム新版を出荷


掲載日:2007/03/02


News

 TCBテクノロジーズ株式会社は、リアルタイムコミュニケーションツールの新バージョン「Visual Nexus v3.2」を、出荷した。

 今回の新バージョンでは、ビデオ会議専用端末とのデータ共有機能としてH.239規格に対応し、会議室に設置されている専用端末とオフィスのPCのデスクトップとの間で、映像と音声に加え、データを画面に表示しながらの遠隔会議が可能となった。また、ビデオ会議ソフトウェアを利用する際にシステムにログインするためのユーザー認証が、LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)やActive Directoryといった認証システムに対応した。ユーザー認証の結果に基づき、認証されたユーザーのアクセス権限が有効になるため、会議室への入退室のコントロールを行なうことができる。一旦入室した会議室における議長権限の付与についても、ユーザー認証を通じて行なわれる。


出荷日・発売日 2007年3月1日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 重要性が増すbot攻撃対策、高度に進化するbot攻撃を防ぐ方法とは? 【シーディーネットワークス・ジャパン】 手のひら静脈認証ソリューション BioPassport 【NTTテクノクロス】 既存のリモートアクセスモデルではデジタル時代に対応しきれない3つの理由 【アカマイ・テクノロジーズ】
認証 認証 認証 認証 認証
大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 重要性が増すbot攻撃対策、高度に進化するbot攻撃を防ぐ方法とは? 端末のカメラで高精度な静脈認証を実現。認証装置、認証用サーバは不要。導入の負担がなく、今すぐにWindowsログオン認証の強度を高める生体認証ソリューション。 既存のリモートアクセスモデルではデジタル時代に対応しきれない3つの理由

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017634


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ