インターコム、給与明細などをメールで配信できる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インターコム、給与明細などをメールで配信できる製品を発売


掲載日:2007/03/02


News

 株式会社インターコムは、給与明細インターネット自動配信システム「Web給金帳 V2」シリーズで、小規模企業向けに、市販給与ソフトと連携し明細をメールで配信する「Web給金帳 V2 メール版」を、3月14日より発売する。価格は、50クライアントで10万円からとなっている。

 「Web給金帳 V2」シリーズは、給与/賞与明細書や源泉徴収票を電子化してインターネットで配信できるWindows PC向けのシステム。今回発売される「Web給金帳 V2 メール版」は、給与明細の電子配付を、給与計算などで使用しているPCとメールを利用して容易に可能とするソフトで、メール環境があればPCにインストールすることで導入することができる。使用している給与ソフトを選択し、各給与ソフトで管理しているDBから必要なデータを直接読み取るか、必要なデータをCSV出力して引き継ぐことで、給与/賞与明細/源泉徴収票などの明細を電子化しメールで配信することができる。作業の流れを一目で把握できるワークフロー操作画面が用意されている。

 明細の配付方法は、会社や自宅のPCに対しメールに明細PDFファイルを添付しての配信と、携帯電話へのメール配信の2つの方法が用意されている。個人ごとに配付方法を複数設定できるため、本社に勤務する社員に対しては会社の個人用PCへ配信、個人用PCのない工場では自宅PCと携帯電話への配信、PCを持っていないパート/アルバイトに対しては携帯電話のみへの配信など、受給者の環境により配付方法を組み合わせて運用することができる。なお、株式会社オービックビジネスコンサルタントの「給与奉行」シリーズや、ピー・シー・エー株式会社の「PCA給与」シリーズ、応研株式会社の「給与大臣」シリーズ、弥生株式会社の「弥生給与」シリーズに対応している。


出荷日・発売日 2007年3月14日 発売
価格 50クライアント:10万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

グローバル人材マネジメントサービス Cultiiva Global/HM 【NEC】 ADPS人事統合システム Prime Edition Plus 【カシオヒューマンシステムズ】 人事統合システム ADPS Advance Edition Plus 【カシオヒューマンシステムズ】 kaonavi(カオナビ) 【カオナビ】 STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー) 【電通国際情報サービス】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
社員のプロファイルを見える化。人材マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。 「分かりやすく、シンプルに」をコンセプトに、企業のあらゆる人事業務を、より効率的かつ的確にサポートするパッケージシステム。 「分かりやすく、シンプルに」をコンセプトに、企業のあらゆる人事業務を、より効率的かつ的確にサポートするパッケージシステム。 経営と現場が人材情報を共有し、顔写真を見ながら人員の評価・配置・抜擢をスピーディに行うことができるクラウド型人材マネジメントシステム。 1000社の導入実績を持つ人事・給与・就業パッケージ。
ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017621


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ