MVD、VMwareに対応したLinuxプロビジョニングソフトの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MVD、VMwareに対応したLinuxプロビジョニングソフトの新版を出荷


掲載日:2007/02/21


News

 マウンテンビューデータ株式会社は、Linuxサーバのシステムバックアップ/リカバリソフトの新バージョンで、VMwareなどの仮想環境に適した機能を拡充した「PowerCockpit2.3」を、3月28日より出荷する。

 「PowerCockpit」は、Linuxシステムを停止させずにオンラインでOSイメージを取得可能な、システムバックアップやリカバリなどを行なうプロビジョニングソフトウェア。バックアップ取得時とリストア時のハードウェア構成が異なっていても自動的に構成を認識し、迅速にリストアすることができる。収集したOS/アプリケーションのシステムイメージをレポジトリ管理し、いつでもシステムを再構築することができる。また、保存しておいたシステムイメージを迅速に複数のサーバへ一括導入するデプロイメントも可能で、サーバの新規構築やハードウェアの移行時の人的コスト/時間を削減することができる。

 今回の新バージョンでは、VMwareの仮想インフラストラクチャソフトウェア「ESX Server」本体OSのイメージバックアップ機能を搭載した。「ESX Server」に対応したサーバ機器であれば異なる機種へのリストアも可能なほか、「ESX Server」上のゲストOSのイメージバックアップも行なうことができる。また、物理環境から仮想環境へLinuxシステムを移行させる“P to V”も可能で、Red Hat 8/9やRed Hat Enterprise Linux 2.1といった旧バージョンのLinuxを仮想環境へ移行するのにも適している。


出荷日・発売日 2007年3月28日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ データセンター投資の理想と現実 ギャップを埋めるにはどうすればいいか 「ひとまず保存」がリスクを生む 散在するデータをどう活用するか? 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017495


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ