パナソニックコミュニケーションズ、ネットワークカメラ3種発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パナソニックコミュニケーションズ、ネットワークカメラ3種発売


掲載日:2007/02/19


News

 パナソニックコミュニケーションズ株式会社は、同社製ネットワークカメラ用の「みえますねっとLite」サービスに対応した、IPv6対応のネットワークカメラ「BB-HCM515」/「BB-HCM511」/「BB-HCM531」の3機種を、2月20日より順次発売する。

 3機種とも、接続されたPCに録画ソフトをインストールせずに、MPEG-4方式ではカメラ画像と音声を、JPEG(Motion-JPEG)方式ではカメラ画像を、別売のSDメモリーカードに直接保存できるネットワークカメラ。これにより、ネットワーク非接続の状態でもカメラ画像と音声を保存することができる。MPEG-4方式は画像の圧縮率に優れ、複数台をモニタリングした場合でもネットワークへの負荷を抑えることができ、画像更新速度はVGA(640×480ドット)で毎秒最大30枚となっている。

 「みえますねっとLite」サービス対応により、撮影した画像を専用サーバに最大100枚まで蓄積保存して、画像を携帯電話から確認することができる。利用設定などは同サービスに対応した携帯電話で容易に行なうことができ、一定時間ごとやアラーム検知時などに、専用サーバに蓄積保存された画像を携帯電話で閲覧することができる。また、イーサネットケーブルを介して電力供給を可能とするPoE受電部を内蔵し、PoE対応機能を標準で搭載している。アナログビデオ出力も備え、ネットワークに接続せずにテレビによる画像の確認や、ビデオへの録画も可能となっている。

 屋内/メガピクセルタイプの「BB-HCM515」では、約130万画素のCMOSセンサを搭載し、最大SXGA(1280×1024ドット)の画像をモニタリングすることができる。逆光/階調補正機能により画像の明暗部のコントラストを補正し、逆光が入る場所や明暗差の激しい場所でも視認性に優れた画像を提供することができる。屋外タイプ「BB-HCM531」は防水対応で、直射日光を避けられる場所であれば屋外設置のためのハウジング装置を用意せずに、そのまま設置することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワークカメラ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークカメラ」関連情報をランダムに表示しています。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017472


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ