NTT-AT、サーバへの過負荷対策を低コストで可能とするソフト発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT-AT、サーバへの過負荷対策を低コストで可能とするソフト発売


掲載日:2007/02/19


News

 NTTアドバンステクノロジ株式会社は、サーバへのリクエスト集中やDoS攻撃による過剰アクセスが発生した際に、自動的に検知してネットワーク制御を行ない、サーバを安定化させるサーバ制御ソフトウェア「ServDefense」を、発売した。価格は、30万円(税込)からとなっている。

 「ServDefense」は、既設サーバにインストールし、サーバの実稼動負荷を診断して稼動を最大限に保ちながら安定運用を図るソフトウェア。不正アクセスを検知するIDS(侵入検知システム)を併用することで、IDSからの検知結果を基に、サーバ前段のネットワークスイッチを制御して自動的に過剰アクセスを遮断することができる。これにより、サーバの処理能力に応じたアクセス量の自動調整や、サーバが高負荷になった際の特定アクセスの優先処理などが可能となる。既設のネットワークスイッチに対する制御が可能で、導入コストの低減やマルチベンダ化を可能とするほか、既設のサーバに実装できるため低コストでの運用が可能となっている。


出荷日・発売日 2007年2月15日 発売
価格 30万円(税込)〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IDS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IDS」関連情報をランダムに表示しています。

「IDS」関連の製品

脅威検出/分析プラットフォーム RSA Security Analytics 【EMCジャパン】
IDS
従来の分析ソースであるログ情報に加えパケット情報と脅威インテリジェンスを統合し、従来は発見困難だった脅威も迅速な検出を可能にする脅威検出/分析プラットフォーム。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017467


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IDS > IDSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ