日本ユニシス・ビジネス、電子文書と原本の統合管理サービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ユニシス・ビジネス、電子文書と原本の統合管理サービス提供


掲載日:2007/02/19


News

 日本ユニシス・ビジネス株式会社は、同社の内部統制支援ソリューション「e文書Station」と、寺田倉庫株式会社の「eTRUNK」を連携させ、電子文書保管から原本(紙)保管/配送業務までのワンストップサービスの提供を、開始した。

 「e文書Station」は、株式会社OSKのソフトウェア製品「Visual Finder」/「Advance-Flow」を利用し、文書管理業務と申請/承認業務をコストを抑えて効率的に行なうことができるソリューション。「eTRUNK」は、寺田倉庫に保管されている文書の照会(過去の利用履歴など)や入出庫依頼などを24時間Webで検索/依頼することができる。

 今回提供されるサービスでは、電子文書と原本を一体とした文書管理環境を構築することができる。文書類は「e文書Station」上で電子保管され、PCから閲覧できるほか、契約書など原本(紙)の取り寄せが必要な際はPCから「eTRUNK」に連携し、倉庫に保管されている原本を容易に入手することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

電子帳簿保存法の要件緩和が企業に与える影響は ポイント解説 【ハイパーギア】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase 【Hyland Software】 “デジタルトランスフォーメーション”を実践する方法 【アドビ システムズ 株式会社】 MasterControl Documents 【マスターコントロール】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
電子帳簿保存法の要件緩和は企業をどう変えるのか──重要ポイントを解説 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 紙文書を含む多様なコンテンツの統合管理/情報活用/ワークフロー化/業務システム連携などを容易に実現するエンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)ソリューション。 必要なのはWebブラウザとメールだけ、業務プロセスを一気通貫するデジタル化術 適切なQMSに必要な業務の効率化を支援するソリューション。その中心となる文書管理向けソリューションは、様々な規制要件への対応と効率性を向上させる。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017463


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ