データ総研など、「要件定義ガイド作成支援サービス」を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


データ総研など、「要件定義ガイド作成支援サービス」を提供


掲載日:2007/02/16


News

 株式会社データ総研とシステム企画研修株式会社は、システム開発における要件定義工程の作業標準と作業ガイド作成を支援する「要件定義ガイド作成支援サービス」を、2月21日より提供する。価格は、基本サービス機能で500万円となっている。

 「要件定義ガイド作成支援サービス」は、両社の手法や技法を組み合わせて作られた標準的な要件定義プロセスを、各社の実情に応じカスタマイズして提供する。要件定義の基本モデルが提供され、同モデルに基づき社内の具体的なテーマで実施するテストプロジェクトがコーディネーションされる。タスク定義書と作業ガイド、成果物様式/作成要領といった要件定義ガイド一式(カスタマイズ版)や、新規作成の成果物事例1種が提供され、2〜3ヵ月と短期での要件定義ガイドの作成を可能とする。

 提供される要件定義ガイドでは、カスタマイズの工程で事例集などを実際のプロジェクトを編成し、ユーザー側で編成した検討グループとの共同作成や、適用局面ごとのガイドの用意などが行なわれる。“パッケージ適用開発”や“システム再構築”などの適用局面に応じた開発パターン別のガイドが用意されており、目的指向のアプローチや、データモデリングやプロセスモデリングなど基本となる手法を自由に置き換えることができる構成が採用されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 基本サービス機能:500万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 【アイエンター】 AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 【アイエンター】 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 【アイエンター】 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは?

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017447


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ