日本IBM、4コアのPOWER5+プロセッサを搭載したUNIXサーバを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、4コアのPOWER5+プロセッサを搭載したUNIXサーバを出荷


掲載日:2007/02/16


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、1.8GHz/4コアのPOWER5+プロセッサを搭載したUNIXミッドレンジサーバ「IBM System p モデル560Q」を、2月23日より出荷する。最小構成価格は、791万1330円(税込)からとなっている。

 「モデル560Q」は、最大16Wayの拡張性を備え、Webサーバーからアプリケーションサーバーまで様々な利用が可能なUNIXミッドレンジサーバ。1台のサーバで必要に応じ柔軟な拡張性を確保する“ビルディング・ブロック”方式を採用しており、導入時に加えシステム拡張においても常に適切な規模/性能の構成で利用できるため、適正なシステムコストでの運用が可能となっている。

 4コアのプロセッサの採用により、CPU単位で課金されるソフトウェアライセンス費用を削減することができる。また、「System p」が備えるLPAR(ロジカルパーティショニング)などの仮想化機能とLinuxを利用することで、既存システムの置き換えや統合などのニーズに対応でき、システム運用や設置スペースのコストを削減することができる。


出荷日・発売日 2007年2月23日 出荷
価格 最小構成価格:791万1330円(税込)〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017446


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ