クラスキャット、SELinux対応のネットサーバ管理ツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クラスキャット、SELinux対応のネットサーバ管理ツールを発売


掲載日:2007/02/14


News

 株式会社クラスキャットは、インターネットサーバ管理ツール「ClassCat Cute Server Manager」シリーズで、SELinux(Security-Enhanced Linux)の運用を可能とした「ClassCat Cute Server Manager Secure Edition 4.1」を、2007年第2四半期より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「ClassCat Cute Server Manager」シリーズは、オープンソース化されたSun Cobalt RaQ550のGUIをRed Hat Enterprise Linuxに移植した商用利用のインターネットサーバ管理ツール。インターネットサーバとしての基本ソフトウェアの管理に加え、OP25B(Outbound Port 25 Blocking)やサブミッションポートのサポート、迷惑メール対策機能やメールセキュリティ機能の運用をブラウザで行なうことができる。

 SELinuxは、Linuxカーネルのセキュリティ拡張モジュールで、root権限の奪取への対策として、各プロセスが最小限の権限で動くように設計されており、セキュリティホールからの侵入に対して被害を抑えることができる。実際のシステムで使用するためには、管理者が必要に応じて許可の設定を追加し、適切なポリシーを作成するといったチューニングが必要となる。今回発売される「ClassCat Cute Server Manager Secure Edition 4.1」では、Red Hat Enterprise Linuxに組み込まれているSELinuxの機能を有効にした状態で、Web/メール/DNS(Domain Name System)/SNMP(Simple Network Management Protocol)/Telnet/FTPなどの運用や管理を可能としている。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017406


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ