NRI、統合運用管理ツール「eXsenju」の“SAP連携機能”を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRI、統合運用管理ツール「eXsenju」の“SAP連携機能”を強化


掲載日:2007/02/13


News

 株式会社野村総合研究所(NRI)は、システム統合運用管理ツール「eXsenju」(Ver2.5)の“SAP連携機能”の監視機能を強化し、SAPジャパン株式会社のERPパッケージ「mySAP ERP」/「SAP R/3」運用の一元管理を、可能とした。

 「eXsenju」は、システム運用管理業務の自動化/効率化/標準化を可能とする運用管理システム基盤。今回、両ERPを監視する“SAP連携機能”に、「eXsenju」の管理コンソール上でのSAP CCMSモニタの制御を可能とする監視項目と、両ERPの稼働状況を表す特徴的なパフォーマンス情報を収集する監視項目が追加された。これにより、SAPのCCMSモニタで検出されたアラート情報をすべて「eXsenju」のブラウザ上で集約し、一元的にシステムを監視運用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには? 【ソーラーウインズ・ジャパン】 あと3年もないWindows 7サポート終了、Windows 10移行時の課題とは? 【ヴイエムウェア株式会社】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 クラウドのように柔軟なリソース拡張、オンプレミスの新たなIT消費モデルとは? 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 “攻め”のデータ保護、リソースの無駄を見つけて仮想環境の真価を引き出すには 【Veeam Software japan】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには? あと3年もないWindows 7サポート終了、Windows 10移行時の課題とは? オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
クラウドの柔軟な拡張がオンプレミスでも 新たなIT消費モデルとは? 仮想化によるサーバ集約率が高い環境で、バックアップ処理の負荷が性能を損ねてしまうのはもったいない。トラブルを未然に防ぐ「攻めのデータ保護」はできないだろうか。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017387


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ