NRI、統合運用管理ツール「eXsenju」の“SAP連携機能”を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRI、統合運用管理ツール「eXsenju」の“SAP連携機能”を強化


掲載日:2007/02/13


News

 株式会社野村総合研究所(NRI)は、システム統合運用管理ツール「eXsenju」(Ver2.5)の“SAP連携機能”の監視機能を強化し、SAPジャパン株式会社のERPパッケージ「mySAP ERP」/「SAP R/3」運用の一元管理を、可能とした。

 「eXsenju」は、システム運用管理業務の自動化/効率化/標準化を可能とする運用管理システム基盤。今回、両ERPを監視する“SAP連携機能”に、「eXsenju」の管理コンソール上でのSAP CCMSモニタの制御を可能とする監視項目と、両ERPの稼働状況を表す特徴的なパフォーマンス情報を収集する監視項目が追加された。これにより、SAPのCCMSモニタで検出されたアラート情報をすべて「eXsenju」のブラウザ上で集約し、一元的にシステムを監視運用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】 BCPの復元力を検証する「レジリエンシーフレームワーク」とは? 【日本アイ・ビー・エム】 Microsoftが教える、理想のクライアント環境を実現する12の条件 【日本マイクロソフト】 仮想化インフラの一元管理を支援する「Red Hat Satellite」 【サイオステクノロジー株式会社】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 地震、雷、火事、情シス――災害対策は検証して初めて役に立つ Microsoftが教える、理想のクライアント環境を実現する12の条件 「クラウド指向」の影と希望 運用管理とセキュリティ対策を考える

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017387


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ