CFC、重さ50gのペン型Bluetooth RFIDリーダー/ライターを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CFC、重さ50gのペン型Bluetooth RFIDリーダー/ライターを発売


掲載日:2007/02/13


News

 シーエフ・カンパニー株式会社は、仏Baracodaの開発したペン型のBluetooth RFIDリーダー/ライター「IDBlue」を、2月末より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「IDBlue」は、112mm×25mm×16mm/重さ50gと小型軽量のRFIDリーダー/ライター。ISO15693に準拠している。ペンを持つようにしてRFタグに近づけることでデータを読み書きでき、キャプチャしたデータはBluetoothを介して10m離れたPDAや携帯電話、PCにリアルタイムで送信できるほか、一旦「IDBlue」に保存してまとめて送ることもできる。サポートタグは、Tag-it、HF/HFI、Philips I-Code SLIとなっている。


出荷日・発売日 2007年2月下旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 【CyberArk Software】 「働き方改革」のせいで“1人情シス”の仕事が増加? 悲劇を招かない方法とは 【JBサービス+他】 ユーザID所有者見える化ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 【エンカレッジ・テクノロジ】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? どんなIT製品/サービスも「導入したら終わり」ではない。「導入後の運用をどうするか」という点も考慮すれば、おのずと選ぶべき手段は見えてくる。 さまざまな情報ソースから「人」と「ID」の情報を収集し、膨大に存在するIDの所有者を明確化・可視化するための統合ID管理ソリューション。 「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017384


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ