ソニック、SOAを補完するイベント駆動型ソフトの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニック、SOAを補完するイベント駆動型ソフトの新版を発売


掲載日:2007/02/09


News

 ソニックソフトウェア株式会社は、SOA(サービス指向アーキテクチャ)を補完するイベント駆動型ソフトウェアの新版「Apama バージョン3.0」を、発売した。

 「Apama」は、すべてのイベントデータの到着を待たず、複雑な条件によって捕捉したイベントからリアルタイムに処理を行なうイベント駆動型のデータ処理“CEP”(複合イベント処理)向けのシステム。“CEP”により、イベントをトリガーとした発行/購読型などの処理形式“EDA”(イベント駆動型アーキテクチャ)が可能となる。高速で流動するイベントストリームの監視と、重要なイベントパターンの捕捉/検知を行ない、対応するアクションをミリ秒単位で実行することができる。また、リアルタイムなイベント処理のための開発/テスト/配備から管理にいたる統合プラットフォームとして、グラフィカルなBAM(ビジネスアクティビティモニタリング)ダッシュボードや、CEP相関エンジン、イベントデータの格納によるデータストリーム管理機能を提供する。

 今回の新版では、BAM機能が拡張され、ビジュアル性に優れたユーザーインタフェースを迅速/容易に作成し運用できるカスタマイズ可能なリアルタイムダッシュボード機能により、企業の戦略やフィードされる各種データの監視/分析/評価をサポートすることができる。また、自己修復機能により可用性に優れ、「Apama」で構築されたシステムのノンストップ運用を可能とするほか、CEPアプリケーションのための新しいシナリオ開発用APIと、Eclipseベースの開発ツール「Apama Developer Studio」をサポートしている。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017372


IT・IT製品TOP > データ分析 > BA > BAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ