日本エフ・セキュア、企業向け統合セキュリティ対策の新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本エフ・セキュア、企業向け統合セキュリティ対策の新版を出荷


掲載日:2007/02/09


News

 日本エフ・セキュア株式会社は、企業向け統合セキュリティ対策の新バージョン「F-Secureアンチウィルス クライアントセキュリティVer7」を、2月14日より出荷する。初年度価格は、100ユーザーで38万円、500ユーザーで110万円などとなっている。

 「F-Secureアンチウィルス クライアントセキュリティ」は、Windows端末のウイルス対策やスパイウェア対策、ファイアウォール、侵入防止、アプリケーション制御を統合し、集中管理機能を提供する統合セキュリティ対策。今回の新バージョンでは、未知の脅威に対する保護機能“F-Secure DeepGuard”とルートキット対策“F-Secure BlackLight”を搭載し、スパイウェア検知を強化した。

 “F-Secure DeepGuard”は、定義ファイルベースのシステムと数種の事前予防技術をシームレスに統合したHIPS(ホストベース侵入防止機能)で、システム制御やサンドボックス検査、コードインジェクションのブロック、ヒューリスティック、ランタイム振舞検知の技術を統合している。“F-Secure BlackLight”は、システムの深部を検査してルートキットを検知するスキャナで、振舞検知技術を利用してユーザーレベルとシステムレベルの2つのビューを比較し、違いがある場合をルートキットと判断する。


出荷日・発売日 2007年2月14日 出荷
価格 初年度/100ユーザー:38万円、500ユーザー:110万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

セキュリティ担当者なら誰もが悩む「3つの課題」の対処法とは? 専門家が議論 【シマンテック】 Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】 エフセキュア モバイル セキュリティ ビジネス 【ソフトバンク コマース&サービス】 エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB) 【ソフトバンク コマース&サービス】 未知のマルウェアを高精度で検出、新しいアプローチによるエンドポイント対策 【日立ソリューションズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
インシデントにどう対処するか。社内の理解をどう得るべきか――。専門家のディスカッションを基に、セキュリティ担当者が抱く課題の解決策を探る。 仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。 1988年から30年近くITセキュリティソリューションを世界中に提供しているエフセキュアのモバイルセキュリティ。既に10年以上の実績を持つパイオニア的存在。 Windows PC、Mac、スマートフォンなど、幅広いデバイスおよびサーバプラットフォームのセキュリティを保護可能な多機能セキュリティソリューション。サンドボックス搭載。 未知のマルウェアを高精度で検出、新しいアプローチによるエンドポイント対策

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017365


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ