リコー、複合機とOracle Content Services等の連携ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、複合機とOracle Content Services等の連携ソフトを発売


掲載日:2007/02/08


News

 株式会社リコーは、日本オラクル株式会社の「Oracle Collaboration Suite 10g」に含まれる「Oracle Content Services」などのコンテンツ管理システムと、デジタル複合機「imagio」シリーズを連携させるソフト「imagioタッチスキャンタイプA」を、3月12日より発売する。価格は、15万8000円となっている。

 「imagioタッチスキャンタイプA」は、申込書や契約書などの定型帳票をデジタル複合機でスキャンしてコンテンツ管理システムに直接登録できる、「imagio」用のアプリケーションソフト。「imagio」シリーズの液晶タッチパネル上に帳票の種類ごとの専用ボタンを用意し、それぞれにスキャンする際のルール(ファイル形式、ファイル名、解像度、保存するフォルダの指定など)をあらかじめ設定できるため、帳票の種類を選択しスキャンすることで電子化作業を行なうことができる。

 液晶タッチパネルに表示するボタンを設定できるWindowsアプリケーション「タッチスキャンdesigner」が同梱されており、複合機の専門的な知識は不要で業務にあわせた画面デザインを行なうことができる。1画面に6/9/12個のボタンを配置した3種類のテンプレートが用意され、4画面まで設定できるため最大48個のボタンを作成することができる。業務や用途に合わせてボタンの削除や表示内容の編集が可能で、ボタンごとに最大4種類のキーワードを設定することもできる。

 PDF/TIFFファイルなどのスキャンデータとともに、ファイル名やキーワードをXML形式で出力して送信できるため、各種コンテンツ管理システムとERPシステムなどを連携させた業務フローを構築することができる。プロトコルはSMB(Server Message Block)/FTP/WebDAVに対応し、イントラネット上のコンテンツ管理システムにスキャンデータを登録することもできる。


出荷日・発売日 2007年3月12日 発売
価格 15万8000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017340


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ