リコー、出力速度などを向上したA0対応のデジタル複合機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、出力速度などを向上したA0対応のデジタル複合機を発売


掲載日:2007/02/07


News

 株式会社リコーは、A0対応のデジタル複合機「imagio MP W3600/W2400」シリーズ4モデルを、発売した。

 「W3600」シリーズは、A0タテで毎分3.4枚、A1ヨコで毎分6.4枚の連続コピー/印刷が可能な複合機。「W2400」シリーズはA0タテで毎分2.4枚、A1ヨコで毎分4.4枚となっている。プリントコントローラーのデータ処理速度が向上され、複数の出力データを並行処理することで、異なる図面の連続出力時間を高速化している。ウォームアップタイムも120秒以下と高速化されており、ウォームアップ中の原稿読み取りも可能となっている。CADのプリント言語HP-GLやHP-GL/2に対応したRP-GL/2エミュレーションにより、図面に適した出力設定が可能なほか、AutoCAD用HDIドライバも標準搭載している。

 ジャバラ紙折りオプション「imagio フォルダー FD6500A」も用意されており、図面出力後にファイル保存用に図面を折る作業も自動化することができる。また、操作部にワイドVGAの8.5インチ液晶タッチパネルの採用により、スキャンした図面データを操作部でプレビュー表示して確認することができる。スキャンした図面データなどをネットワーク上のPCの共有フォルダに直接保存する“スキャン to フォルダー”や、本体HDDのドキュメントボックスに蓄積した文書のURLをメールで送信する“スキャン to URL”も搭載している。

 同製品の操作のみでスキャンした図面をパスワード付き暗号化PDFファイルに変換できるほか、“機密管理ナンバリング”機能を搭載し、コピーした図面ごとに異なる数字を図面全体に透かし文字で印字することができる。ログインユーザー名とパスワードにより個人認証を行なうことで不正利用を抑止でき、オプションの「リコー個人認証システム」を利用することでICカードによる個人認証も可能となる。

(写真:プロッタ/スキャナ機能を標準搭載した「imagio MP W3600SP」)


出荷日・発売日 2007年2月7日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017313


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ