FJBなど、中小企業向けの情報漏洩対策アプライアンス製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FJBなど、中小企業向けの情報漏洩対策アプライアンス製品を発売


掲載日:2007/02/06


News

 株式会社富士通ビジネスシステム(FJB)と株式会社日本ルシーダは、中小規模企業向けの情報漏洩対策アプライアンス製品「Lucida SecurOffice by FJB」を、2月中旬より発売する。

 「Lucida SecurOffice by FJB」は、日本ルシーダの情報漏洩対策アプライアンス「Lucida SecurOffice」を富士通株式会社のサーバ「PRIMERGY TX150」にインストールしたアプライアンス製品。約1週間で運用を開始でき、1台のサーバでクライアント100台までを管理することができる。PC操作ログ/不正操作禁止/暗号化/不正接続検知/資産情報取得/セキュリティレポートといった情報漏洩に対する各種基本機能を備えている。

 また、情報漏洩予防対策として、レポート機能によりオフィスの情報を迅速に把握し、部内の不審な行動を防止することができる。管理/運用面では、FJBのネットワークサービスセンターによるQ&A障害受付などのヘルプデスクサービスが提供される。なお価格は、サーバ/ソフト/ハードオンサイト保守3年間付きで98万円からとなっている。


出荷日・発売日 2007年2月中旬 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】 デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 水道事業や教育、高速バスなど独自性の高い現場に刺さったITツールとは? 【富士通】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】 アンチウイルスだけには頼れない、最新ランサムウェアに対する対処法は? 【Ivanti Software】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止
水道事業や教育、高速バスなど独自性の高い現場に刺さったITツールとは? 電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。 脅威の85%を防ぐ、標的型攻撃からWindows環境を守る「4つの重要戦略」

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017291


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ