デジタルアーツ、携帯端末向けWebフィルタリングサービスを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デジタルアーツ、携帯端末向けWebフィルタリングサービスを発表


掲載日:2007/02/02


News

 デジタルアーツ株式会社は、Windows Mobile 5.0対応の携帯端末向けWebフィルタリングサービスを、3月26日より受け付け開始する。

 今回発表されたサービスでは、ユーザーが必要なレベルに応じてWebフィルタリングカテゴリとインターネット利用禁止時間帯を選択することができる。デフォルトとして設定される5つの固定カテゴリに加え、5つの選択カテゴリが用意されている。同社のWebページDBを基にした“ブラックリスト方式”を採用し、DBは常に最新の状態にアップデートされるようメンテナンスされている。機種は「WILLCOM W-ZERO3[es]/W-ZERO3」に対応している。なお利用料金は、クレジットカード決済で月額315円(税込)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 クレジットカード決済:月額315円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フィルタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フィルタリング」関連情報をランダムに表示しています。

「フィルタリング」関連の製品

Webフィルタリングソフト InterSafe WebFilter 【アルプス システム インテグレーション】 AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 【日本テレマティーク】 標的型攻撃での「ヒヤリハット」をカバー、長野赤十字病院の取った対策とは? 【ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン】 クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS 【アルプス システム インテグレーション】 限られた予算で“エンタープライズクラス”の多層防御を実現するには? 【ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング
Webの閲覧やSNS、Webメール等の利用を規制・管理するソフトウェア。携帯キャリア独占の高品質データベースと使いやすさにこだわったログ分析機能を搭載。 AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 標的型攻撃での「ヒヤリハット」をカバー、長野赤十字病院の取った対策とは? クラウド型だから、初期投資が不要で運用管理もラク
マルチデバイスにWebフィルタリングをかけ、不要or危険サイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や情報漏洩を防止
限られた予算で“エンタープライズクラス”の多層防御を実現するには?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017257


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ