ワークス、データを自動的に蓄積できるCRM製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワークス、データを自動的に蓄積できるCRM製品を出荷


掲載日:2007/02/01


News

 株式会社ワークスアプリケーションズは、CRM(顧客管理)分野の新製品として、様々な社外コミュニケーション情報の一元管理を可能とする「COMPANY CRM」と、大手企業の営業業務を支援する「COMPANY CRM for Sales」の2製品を、出荷した。

 「COMPANY CRM」は、顧客と接点を持つ様々な部門の顧客情報を一元的に管理できる製品。帳票/リスト作成や、経営判断のための情報分析、マーケティング機能などを備えている。「COMPANY CRM for Sales」は、グループウェアや受注予測、顧客案件管理、見積/契約管理、プロセス管理などの機能を備えている。

 見積書作成の履歴が自動的に蓄積されるなど、データ入力を意識せず日常業務を行なう中でデータを蓄積することができる。また、個別カスタマイズが不要なことや、無償バージョンアップなどにより、継続的な改善が可能で陳腐化を抑えることができる


出荷日・発売日 2007年1月30日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

マルチチャネル時代に生きる、コールセンターの新たなCRM戦略 【バーチャレクス・コンサルティング】 Microsoft Dynamics CRM Online 【日本マイクロソフト】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか 【日本マイクロソフト】
CRM CRM CRM CRM CRM
コールセンターの顧客接点は電話やメールだけにとどまらない。顧客にまつわる情報共有を強化し、企業のCRM戦略に生かすためにはどのような環境構築が必要となるのだろう。 情報共有基盤の刷新で商談計画を可視化、中堅・中小製造業を支えるツールとは? デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素 データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017236


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ