日本通信、環境適応型のセキュリティプラットフォームを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本通信、環境適応型のセキュリティプラットフォームを提供


掲載日:2007/01/30


News

 日本通信株式会社は、クライアントPCのセキュリティを確保するための環境適応型プラットフォーム「CentraPolicy」の提供を、開始した。

 「CentraPolicy」は、検疫/ファイアウォール/通信制御/外部デバイス制御などのセキュリティポリシーを実行するクライアント/サーバシステム。セキュリティポリシーはノートPCの利用場所ごとに設定でき、ユーザーが企業内のネットワークを離れて自宅や出張先のネットワークに移動した場合でも、PCの利用環境を自動的に認識して利用場所に応じたセキュリティポリシーを適用する。アンチウイルスの更新チェック機能や検疫処理モード設定を行なう検疫機能や、VPN強制機能、アプリケーション制御/アクセス制御などのファイアウォール機能、無線接続制御、USB/外部デバイス制御などを備えている。

 IT管理者がサーバ側でセキュリティポリシーを一元管理できるため、セキュリティポリシーを変更するためのPC回収は不要となる。また、他のセキュリティアプリケーションなどを利用する構成となっており、導入済みのソフトウェアと共存しながらセキュリティ機能を強化することができる。なお価格は、月額ライセンス料の場合でクライアントあたり700円、サーバあたり2万4000円などとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

Report_Secure the Cloud 【マカフィー】 「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 Report_Secure the Cloud 【マカフィー】 McAfee Advanced Threat Defense 【マカフィー】 遠隔地の異常も素早く検知、住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態 【シマンテック】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
パブリッククラウドはどこが狙われる? セキュリティ調査で見えた危険な状況 「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? セキュリティ調査レポート:「シャドーIT」がクラウド導入に与える影響は? 多層防御を徹底解説:次世代マルウェアに備えるための次なる対策とは? 【活用事例】住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017205


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ