マカフィー、企業向けセキュリティソリューションの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マカフィー、企業向けセキュリティソリューションの新版を発売


掲載日:2007/01/30


News

 マカフィー株式会社は、企業向けセキュリティソリューションの新バージョン「McAfee Total Protection for Enterprise 2.0」を、2月19日より発売する。

 今回のバージョンでは、未知の攻撃や高度な攻撃を防御するビへビアベースのプロテクション機能と、攻撃者やスパイウェアによる攻撃隠蔽を防ぐルートキット検知機能が強化されている。また、検疫ソリューション「McAfee Policy Enforcer 2.0」がシスコの“NAC”(Network Admission Control)との互換性を備えたほか、企業向けクライアント製品の新バージョン「McAfee VirusScan Enterprise 8.5i」がWindows Vistaに対応した。

 「McAfee Policy Enforcer 2.0」は、「Policy Enforcer」サーバ/「Policy Enforcer」センサ/「Policy Enforcer」スキャナの3つのコンポーネントから構成されている。“NAC”互換性認定を受けており、ネットワークリソースへアクセスするすべてのデバイスに対し、セキュリティポリシーコンプライアンスを強制することができる。

 また、「McAfee VirusScan Enterprise 8.5i」と「McAfee AntiSpyware Enterprise 8.5」が、ウイルス/ワーム/スパイウェア/アドウェア/ルートキット/ハッキング/脆弱性攻撃などからデスクトップとサーバを保護する、プロアクティブな保護機能を提供する。管理製品「McAfee ePolicy Orchestrator(ePO)」を使用したスケーラブルな集中管理により、ポリシー管理の一元化や、大規模展開、レポート作成を可能とする。


出荷日・発売日 2007年2月19日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

自動車業界が直面するオープンソースの課題――管理と安全確保にどう取り組む? 【ブラック・ダック・ソフトウェア】 狙われ始めたファームウェアをどう守る? 次世代サーバセキュリティの重要事項 【日本ヒューレット・パッカード】 クラウドアプリの安全な導入法とは? シャドーIT検出のベストプラクティス 【シマンテック】 自動車に不可欠の「オープンソース」――利用拡大で脆弱性の課題が深刻化 【ブラック・ダック・ソフトウェア】 来るなら来いマルウェア 攻撃されても大丈夫な「自己回復」ノートPCとは? 【株式会社 日本HP】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
自動車業界が直面するオープンソースの課題――管理と安全確保にどう取り組む? 狙われ始めたファームウェアをどう守る? 次世代サーバセキュリティの重要事項 クラウドアプリの安全な導入法とは? シャドーIT検出のベストプラクティス 自動車に不可欠の「オープンソース」――利用拡大で脆弱性の課題が深刻化 来るなら来いマルウェア 攻撃されても大丈夫な「自己回復」ノートPCとは?

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017203


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ