NEC、SASインターフェースとデュアルコアCPU搭載のNAS製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、SASインターフェースとデュアルコアCPU搭載のNAS製品を出荷


掲載日:2007/01/29


News

 日本電気株式会社は、既設LANへの導入が容易なNAS製品「iStorage NS」シリーズで、SAS(シリアルアタッチドSCSI)を搭載したラック型のミッドレンジモデル「NS460」を、出荷した。価格は、72万円となっている。

 「NS460」は、ディスクコントローラと各HDDが1対1でアクセスを行なうSASに加え、デュアルコアXeonプロセッサ5160(3GHz)を最大2CPU搭載でき、従来モデルに比べ1.8倍処理速度を向上している。1GB(最大4GB)のメモリと、RAID 1対応の73GB HDD×2を搭載し、記憶容量は84.6TBまで拡張可能となっている。ストレージサーバ専用OSのWindows Storage Server 2003 R2がプリインストールされており、400GB(非圧縮)のバックアップ装置AIT-5を内蔵することができる。


出荷日・発売日 2007年1月26日 出荷
価格 72万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 IoT活用を見据えた、SSDを超えるオールフラッシュ基盤の選び方 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュ導入事例:多数のVMを高速稼働できる理由 【日本アイ・ビー・エム】 ASUSTOR 企業向けNAS AS7009RDX 【ユニスター】
NAS NAS NAS NAS NAS
SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか? フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方 オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由 エンタープライズ向けに設計された企業用ラックマウントモデルのNAS。ユニスターによるオンサイト・先出しセンドバックなどの保守も。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017192


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ