アドビ、Flash Player 9のLinux版を無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アドビ、Flash Player 9のLinux版を無償提供


掲載日:2007/01/23


News

 アドビシステムズ株式会社は、「Adobe Flash Player 9」にLinux版を追加し、無償ダウンロード提供を開始した。

 「Flash Player」は、Windows/Macintoshや各種携帯デバイスに対応したRIA(リッチインターネットアプリケーション)のランタイム環境。今回提供される「Flash Player 9」Linux版では、過去のバージョンに比べスクリプト実行が最大10倍高速化されているほか、省メモリを可能とする“AVM2”(ActionScript Virtual Machine 2)が搭載されている。NovellとRed Hatが2007年中に提供を予定しているLinuxの新版にも同梱される。

 これにより、Linux環境の開発者が、いずれも無償の「Adobe Flex 2 SDK」/「Adobe Flash Player 9」/「Flex Data Services 2 Express」を活用してRIAを開発/検証/提供することが可能となった。なお、RIA開発環境「Flex Builder 2」のMacintosh版も3月より提供される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017105


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ