日本HP、Windows Vistaを搭載したノートPC新製品4モデルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、Windows Vistaを搭載したノートPC新製品4モデルを発売


掲載日:2007/01/22


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、Windows Vistaを搭載したノートPCの新製品計4モデルを、1月29日より発売する。

 今回発売される製品は、17.0インチワイド液晶を搭載したハイエンドモデル「HP Pavilion Notebook PC dv9200/CT」、15.4インチワイド液晶を搭載した「dv6200/CT」、12.1インチワイド液晶のタッチパネルを搭載したタブレットタイプのB5モバイルノートPC「tx1000/CT」の「HP Pavilion」シリーズ3モデルと、価格性能比に優れた「HP G5000 Notebook PC」の計4機種。「HP Pavilion」シリーズは、目的や予算に応じてカスタマイズが可能なCTO(注文仕様生産)モデルとして、「G5000」は固定仕様のモデルとして提供される。

 「dv9200/CT」は、WSXGA+(1680×1050ドット)/WXGA+(1440×900ドット)の2種類の解像度から選択でき、最小構成でNVIDIA GeForce Go 7600(512MB)グラフィックスや、Core 2 Duoプロセッサ、1GBメモリを標準搭載している。HDDは160GB(5400rpm)を2台搭載することで最大320GB搭載できるほか、高速なデータ転送が可能な200GB(7200rpm)のHDDも選択可能となっている。「dv6200/CT」は、Core 2 DuoプロセッサやNVIDIA GeForce Go 7400(256MB)グラフィックスを搭載でき、最大160GB搭載できるHDDや、Windows Vista Home BASICとWindows Vista Home Premiumを選択できるOS、Office Personal Edition 2007が選択可能など、様々なカスタマイズが用意されている。

 「tx1000/CT」は、ボリューム調整などの機能を起動できる“Quick launchButtons”や、カーソルキーを操作できるトラックボールなどをディスプレイ脇に、電源や無線オン/オフボタンなどを本体側面に配置し、モニタ部を回転してタブレットスタイルとして使用することもできる。また、脱着式のスーパーマルチドライブが採用されており、取り外して軽量化を図ることができる。NVIDIA GeForce Go 6150グラフィックスを標準搭載し、Turion 64 X2デュアルコアプロセッサを選択できるほか、メモリを最大2GB、HDDを最大160GB搭載可能となっている。「G5000」は、15.4インチワイド液晶を搭載し、Celeron M 430(1.73GHz)を採用しているほか、512MBメモリや、80GB HDD、コンボドライブを搭載している。


出荷日・発売日 2007年1月29日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017098


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ