キヤノンSOL、ネットワーク監視アプライアンスの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンSOL、ネットワーク監視アプライアンスの新版を発売


掲載日:2007/01/22


News

 キヤノンシステムソリューションズ株式会社は、データ保存領域の増強と運用/管理の利便性強化を行なった透過型ネットワーク監視アプライアンスの新バージョン「GUARDIANBOX ProCap Ver2.0」を、発売した。価格は、150万円となっている。

 「GUARDIANBOX ProCap」は、メール送受信やWebアクセス、ファイル転送のパケットを記録/保存するためのアプライアンス。管理者は、記録/保存されたデータを迅速に抽出/解析できるため、情報漏洩や不正アクセス、ネットワークの私的利用などを早期に発見することができる。今回の新バージョンでは、HDDが250GB増強され、計500GBとなった。

 キャプチャ対象をプロトコル別に選択することが可能となり、必要なプロトコルのみをキャプチャすることでデータ保存領域を有効活用し運用コストを削減することができる。プロトコル別に除外IPアドレスを設定することもできる。また、登録された設定情報のエクスポート/インポート機能や、日別/プロトコル別の統計レポート表示機能などを搭載しており、運用/管理の利便性が向上している。


出荷日・発売日 2007年1月22日 発売
価格 150万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

NetCrunch(ネットクランチ) 【情報工房】 変化に対応できないネットワークの限界を広げる「プログラマブル」なアプローチ 【テルストラ・ジャパン】 BGPの限界を超える 大規模通信障害時にも威力を発揮する“最適経路選択”技術 【インターナップ・ジャパン】 大規模通信障害時こそ差がつく リスクを抑えるプロバイダー選び4つのポイント 【インターナップ・ジャパン】 ネットワークの遅延による危機を救う、エッジコンピューティングとは 【シュナイダーエレクトリック】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
中小規模ネットワーク向けの統合型監視・管理ツール。グラフィカルなインターフェースと直感的な操作方法が特長。エージェントレスなので簡単導入が可能。 変化に対応できないネットワークの限界を広げる「プログラマブル」なアプローチ BGPの限界を超える 大規模通信障害時にも威力を発揮する“最適経路選択”技術 大規模通信障害時こそ差がつく リスクを抑えるプロバイダー選び4つのポイント ネットワークの遅延による危機を救う、エッジコンピューティングとは

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017090


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ