日本コンピュウェア、ビジネス要件管理ソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本コンピュウェア、ビジネス要件管理ソリューションを発売


掲載日:2007/01/17


News

 日本コンピュウェア株式会社は、システム開発のためにビジネス要件を一元管理し上流システム設計工程を支援する、ビジネス要件管理ソリューション「Optimal Trace」(英語版)を、発売した。

 「Optimal Trace」は、ビジネス要件/システム要件の定義に構造化アプローチを採用し、論理的で直感的なフローにより正確/包括的な要件収集を可能とする製品。ユーザーの視点からアプリケーションの要件が記述され、ビジュアルなストーリーボードと、要件間の関係を表現することができる。

 レポートの自動生成機能により、様々な関係者との容易なコミュニケーションを支援するほか、複数ユーザーによる共有や並行作業を実施することで、常に最新版のプロジェクトでの作業が可能となる。すべての要件に対して自動的にテストケースを生成でき、要件の変更履歴をリアルタイムに管理/追跡可能となっている。なお価格は、「Professional Edition」最小構成システムで、1指名ユーザーライセンスが初年度のメンテナンス契約の費用を含み36万8000円からとなっている。


出荷日・発売日 2007年1月16日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

法人向けスマートデバイスアプリ開発プラットフォーム「seap」 【ソフトバンク コマース&サービス】 UnitBase 【ジャストシステム】 ALMソリューション 【キヤノンITソリューションズ】 多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】 自主開発アプリでiPad活用。生産性が向上、武蔵野が選んだ高速開発の手法とは? 【ファイルメーカー】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
ラーニング、アンケート、カタログ、ファイル共有などのビジネスでニーズの高いアプリを短期間でカンタンに導入可能。セキュリティ機能や運用管理機能も充実。 脱Excelの選択肢、専用パッケージと汎用DBツールのどちらがベスト? 要件管理から構成・変更管理、テスト管理、プロジェクト管理まで、アプリケーション・ライフサイクルを総合的にサポートするソリューション。(ALMソリューション) PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。 自主開発アプリでiPad活用。生産性が向上、武蔵野が選んだ高速開発の手法とは?

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017040


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ