CTCSP、リアルタイムデータレプリケーションソフトの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTCSP、リアルタイムデータレプリケーションソフトの新版を発売


掲載日:2007/01/16


News

 シーティーシー・エスピー株式会社は、米Double-Take Software,Incのリアルタイムデータレプリケーション&フェイルオーバーソフトウェアの新バージョン「Double-Take Version 4.5」を、発売した。

 「Double-Take」は、Windowsのサーバシステムに特化した、Exchange Server/SQL Server/Oracleなどのアプリケーション用データレプリケーションソフトウェア。今回のバージョンでは、LAN/WANなどインフラ要件を問わずに利用でき、DB/メールなどの基幹アプリケーションやシステム全体(システムイメージバックアップ)まで保護/リカバリの対象が拡張された。

 「Double-Take」からWindows Volume Shadow Copy(VSS)スナップショットのスケジュール実行が可能となったほか、ミラー処理中に障害が発生した際の複製先領域不整合への対策として、オンライン再ミラー処理が開始された場合に、ミラー処理実行前にVSSスナップショットが自動実行されシャドウコピーを生成することができる。また、複製先領域のフォルダ/ファイルをReadオンリーにする“Target Path Blocking”機能を搭載し、「Double-Take」以外からの更新による複製元/複製先の不整合を抑止可能となっている。

 付属の運用管理支援ソフトウェア「Double-Take Application Manager」では、SQL Server/Exchange Serverに対応し、GUIインターフェースからレプリケーション/フェイルオーバーを集中管理することができる。設定項目を削減する自動検出機構や、設定ミスを補正する機構を搭載し、対話型インターフェースによる設定ミスの抑止や簡便な操作でデータ保護と復旧を可能とする。Exchange Serverでは、構築中/運用中の複製先DB起動テストが業務オンライン中に実施できる機構が提供される。今後、システム領域を含む全ボリュームの保全と高速システムリカバリを可能とするオプション製品「Double-Take Server Recovery Option」や、システム全体の保全と、代替フェイルオーバー構成を可能とするシステムプロテクション製品「Double-Take Shadow Caster」もリリースされる予定。


出荷日・発売日 2007年1月15日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】 HCIの“落とし穴”を回避するバックアップ/リカバリツールの選び方 【Veeam Software Japan 株式会社】 仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は 【arcserve Japan+他】 高い操作性のバックアップソフトウェアで、ランサムウェアの脅威に立ち向かう 【アール・アイ】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。 HCIの“落とし穴”を回避するバックアップ/リカバリツールの選び方 HCIに適したバックアップは? データを削減し効率的な方式で、負荷を最小限に 高い操作性のバックアップソフトウェアで、ランサムウェアの脅威に立ち向かう 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20017018


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ