NTT-AT、既存ネットワークで多地点配信を可能とするソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT-AT、既存ネットワークで多地点配信を可能とするソフトを発売


掲載日:2007/01/15


News

 NTTアドバンステクノロジ株式会社は、IPマルチキャストプロトコル非対応のネットワーク上でマルチキャストストリーム配信を可能とするソフトウェア「LiveSpark」を、発売した。

 「LiveSpark」は、既設のネットワーク上のPCに載せることで、ネットワークの構成を変更せずに、一方向または双方向に映像/音声ストリームの多地点配信を可能とするソフトウェア。マルチキャストプロトコルがユニキャストネットワークを通過できるようカプセル化するゲートウェイ(GW)機能と、経路を自律的に構築しパケットを分配するスプリッタ(SP)機能の2種類のソフトウェアから構成されている。

 映像/音声のほか、様々な情報のマルチキャスト配信が可能で、IPマルチキャストをサポートしている各種アプリケーションと組み合わせて利用することができる。ゲートウェイとスプリッタの遅延時間は数msで、離れた多くの地点へも遅延を抑えて配信可能となっている。なお価格は、「LiveSpark-ゲートウェイ」がLinux版で21万円から、Windows版で1万500円から、「LiveSpark-スプリッタ」が21万円から(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 2007年1月15日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016995


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ