フォーティネット、性能を向上したUTMアプライアンスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フォーティネット、性能を向上したUTMアプライアンスを発売


掲載日:2007/01/12


News

 フォーティネットジャパン株式会社は、企業の支店オフィスや小売店舗、小規模企業向けのUTM(統合脅威管理)アプライアンス「FortiGate-50B」を、発売した。

 「FortiGate-50B」は、アンチウイルス/ファイアウォール/VPNなど9つのセキュリティアプリケーション/サービスを統合することで、ネットワークとコンテンツを包括的に保護するアプライアンス。同社の“FortiGuardサブスクリプション・サービス”により自動的に最新の状態に保たれ、ウイルスやワーム、トロイの木馬型ウイルスなどに対する保護を、24時間体制で提供する。

 コンテンツプロセッサ“FortiASIC”の新版を搭載し、アンチウイルス/VPNの性能を向上しているほか、3つのスイッチポートを追加し、複数のデバイス接続が可能となった。2重WANインターフェースによりフェイルオーバーまたはロードバランシングを柔軟に行なうことができる。また、ポートデンシティの向上でActive-Active HA(高可用性)構成が可能となり、アップタイムの改善とネットワークのダウンタイムの短縮が可能となっている。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

ランサムウェアから企業を守る「4つのベストプラクティス」とは? 【Commvault Systems Japan】 ランサムウェア対策ソフト 「AppCheck」 【Jiransoft Japan】 新種の脅威を防ぐ機械学習、その機能は「3つの観点」で評価する 【パロアルトネットワークス】 ランサムウェア感染で身代金を払わないための「6つのヒント」 【Commvault Systems Japan】 未知のマルウェアをどう防御する? 主要ツールで検証するシナリオ別脅威対応 【マカフィー】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
ランサムウェアから企業を守る「4つのベストプラクティス」とは? ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版ダウンロードにより試用もできる。 新種の脅威を防ぐ機械学習、その機能は「3つの観点」で評価する ランサムウェア感染で身代金を払わないための「6つのヒント」 未知のマルウェアをどう防御する? 主要ツールで検証するシナリオ別脅威対応

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016992


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ