SAPジャパン、中小企業向けERPパッケージの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPジャパン、中小企業向けERPパッケージの新版を出荷


掲載日:2007/01/12


News

 SAPジャパン株式会社は、中小企業向けERP(統合基幹業務)ソフトウェアパッケージの新版「SAP Business One 2005B」を、出荷した。

 「SAP Business One」は、財務/管理会計に加え、販売/仕入/在庫管理、顧客管理、営業支援などの機能を備えた中小企業向けのERPパッケージ。今回の新版では、受注残管理機能を搭載しており、照合機能の拡張に加え、ヘルプ検索などの操作性が向上している。日本の商習慣に適した機能として、伝票における消費税処理の拡張/総額表示や、印紙税への対応も行なわれている。また、システムの問題発生を防止するため、パフォーマンスに関するデータを自動的に収集/分析するツールを標準装備しており、IT専任担当者のいない小規模企業でも利用することができる。


出荷日・発売日 2007年1月11日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

原価管理システム AMMIC/NetC 【電通国際情報サービス】 Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】 日本発グローバルERP「A.S.I.A.(エイジア)」 【東洋ビジネスエンジニアリング】 Plaza-i:機器販売保守業向けERPパッケージ 【ビジネス・アソシエイツ】 ファッショントレンドをつかみ、業界特有のニーズに応えるERPの形 【インフォアジャパン】
ERP ERP ERP ERP ERP
標準原価、実際原価など、製造業に不可欠な6種の原価管理機能を搭載したERPパッケージ。予算原価シミュレーション、発生要因別の原価差異分析など、様々な原価分析に対応。 世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。 多言語・多通貨対応で、22の国と地域・430社への導入実績を持つ純国産ERP。低コスト、短納期でのノンカスタマイズ導入・クラウドサービスも提供可能。 機器販売(輸出入、ロット・シリアル在庫、部品展開)と機器保守(保守契約管理:前受請求、売上月次均等計上、前受戻し)の複合業態に強いERPパッケージ。 【直販のみ】 ファッショントレンドをつかみ、業界特有のニーズに応えるERPの形

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016988


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ