SAPジャパン、中小企業向けERPパッケージの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPジャパン、中小企業向けERPパッケージの新版を出荷


掲載日:2007/01/12


News

 SAPジャパン株式会社は、中小企業向けERP(統合基幹業務)ソフトウェアパッケージの新版「SAP Business One 2005B」を、出荷した。

 「SAP Business One」は、財務/管理会計に加え、販売/仕入/在庫管理、顧客管理、営業支援などの機能を備えた中小企業向けのERPパッケージ。今回の新版では、受注残管理機能を搭載しており、照合機能の拡張に加え、ヘルプ検索などの操作性が向上している。日本の商習慣に適した機能として、伝票における消費税処理の拡張/総額表示や、印紙税への対応も行なわれている。また、システムの問題発生を防止するため、パフォーマンスに関するデータを自動的に収集/分析するツールを標準装備しており、IT専任担当者のいない小規模企業でも利用することができる。


出荷日・発売日 2007年1月11日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

Galileopt NX-Plus 【ミロク情報サービス】 ERPで海外子会社の業務を見える化――事例に学ぶグローバルな連結経営 【ネットスイート】 Infor SyteLine 【日立システムズ】 GRANDIT 【GRANDIT】 内部統制強化、厳密な原価管理……変革迫られる建設業をシステムから変えるには 【チェプロ】
ERP ERP ERP ERP ERP
ワークフロー統合型ERPでデータ反映を効率化 「経理部門」の判断が迅速に グループ全体のプロジェクトを見える化 クラウド型ERP導入効果 世界中の組立型製造業のノウハウが蓄積された統合型基幹業務パッケージ。グローバルで標準化された同一システムを全世界の拠点で導入可能。4〜5ヵ月での短期導入を実現。 経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。 営業、見積もり、原価……バラバラに導入されたシステムが業務の改革を阻んでいる。「建設業ではまず無理」と諦められていた「統合システム」を実現する方法とは。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016988


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ