SCS、リース資産/レンタル物件を一元管理できるシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SCS、リース資産/レンタル物件を一元管理できるシステムを発売


掲載日:2007/01/10


News

 住商情報システム株式会社は、ERPパッケージ「ProActive E2」の資産管理系サブシステム「ProActive E2 リース資産管理」を、発売した。

 「ProActive E2 リース資産管理」は、企業が保有するリース資産/レンタル契約物件を一元管理できるシステム。2007年度税制改正の大綱で公表されている“売買処理を行うファイナンス・リース”の会計処理に対応している。「ProActive E2」の各サブシステム「財務会計」/「債務管理」/「固定資産管理」と連動し、業務効率を向上させることができる。

 リース契約物件の取得に伴う台帳登録申請の承認ワークフロー機能に加え、レンタル契約物件の支払履歴/物件管理機能を備えている。「財務会計」/「固定資産管理」との連動により、“売買処理を行うファイナンス・リース取引”の資産計上/減価償却費などの自動仕訳も可能となっている。


出荷日・発売日 2007年1月9日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

外食業向けクラウド型店舗トータルサービス 「FOOD-LINK R2.5」 【東計電算】 BusinessACXEL 【電通国際情報サービス】 原価管理システム AMMIC/NetC 【電通国際情報サービス】 Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】 Oracle ERP Cloud 【日本オラクル】
ERP ERP ERP ERP ERP
外食産業界に業種特化したパッケージ群からなるASP型ERPパッケージ。各サブシステムを組み合わせることで、低価格でユーザニーズに応えるシステム構築が可能。 SAPをクラウド上で利用できる月額利用料型サービス。クラウドサービスというTCOに優れた形態で、SAP ERPのメリットを享受できる。 標準原価、実際原価など、製造業に不可欠な6種の原価管理機能を搭載したERPパッケージ。予算原価シミュレーション、発生要因別の原価差異分析など、様々な原価分析に対応。 世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。 幅広い業種・業態における財務、調達、プロジェクト管理などの業務プロセスを最適化。短期間で導入でき、コスト効果の高いクラウドERP製品。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016948


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ