ニューテック、仮想テープライブラリのアプライアンス製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ニューテック、仮想テープライブラリのアプライアンス製品を発売


掲載日:2006/12/27


News

 株式会社ニューテックは、仮想テープライブラリのアプライアンス製品「FastVT」シリーズを、2007年1月初旬より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「FastVT」シリーズは、RAID装置を仮想テープライブラリにエミュレートするバックアップアプライアンス。米FalconStor製のVTL(仮想テープライブラリ)ソフトウェアを採用し、ハードウェアに導入/構成された形で出荷される。バックアップサーバからはテープ装置として認識され、物理的にはRAID装置のため高速にアクセスすることができる。

 容量は5TBからで、ニューテック製RAIDコントローラとサーバボードを内蔵した3U一体型の廉価版「FastVT2000」と、2Uのコントローラに3UのRAIDを複数台接続できる拡張性に優れた「FastVT3000」シリーズが用意されている。バックアップサーバは4台まで接続でき、仮想ライブラリ数最大4個、仮想ドライブ数(セッション数)が最大16台、仮想テープデバイスは最大64本作成可能となっている。オプションとして、物理テープへ自動コピーできるテープキャッシュや、物理テープへのデータの暗号化、リモートレプリケーション、NDMP(Network Data Management Protocol)対応サーバのネットワーク上でのバックアップが提供される。


出荷日・発売日 2007年1月上旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 サーバ仮想化環境におけるデータ保護のベストプラクティスは? 【クエスト・ソフトウェア】 ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント 【Commvault Systems Japan】 仮想システムも数クリックで保護、中小企業向け統合バックアップ製品の実力は? 【アクロニス・ジャパン】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ベンダーロックインを回避 データやワークロードの移植の問題点を解消 サーバ仮想化環境におけるデータ保護のベストプラクティスは? ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント 仮想システムも数クリックで保護、中小企業向け統合バックアップ製品の実力は? 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016924


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ