NTT東西、小規模事業所向けのIP電話システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT東西、小規模事業所向けのIP電話システムを発売


掲載日:2006/12/27


News

 東日本電信電話株式会社と西日本電信電話株式会社は、小規模事業所向けのIP電話システム「Netcommunity SYSTEM BX」を、12月27日より順次発売する。

 「Netcommunity SYSTEM BX」は、最大2チャネルの外線を収容できるIP電話システム。FOMA/無線LANデュアル端末への対応やブロードバンドインターネット接続など拡張性に優れた「主装置タイプ」と、電話機に主装置機能を内蔵した「主装置内蔵タイプ」が提供される。「主装置タイプ」では、標準装備のブロードバンドルータユニットに「フレッツ」アクセスラインを直接収容することで、様々な機能の自動バージョンアップをインターネット経由で行なうことができる。

 あらかじめ設定した電話番号から着信した際、自動的に折り返し電話を発信する設定や、同製品経由で第3者に中継する設定が可能なコールバック機能も備えている。オプションによりFOMA/無線LANデュアル端末に対応し、1台のFOMA端末を店舗内などではIP無線内線電話機として、外出先ではFOMA端末として利用することができる。端末が店舗内などの無線アクセスポイントの圏外であった場合には、同製品がFOMA網へ自動転送する。

 両タイプとも、ユニバーサルデザインを採用し視認性や操作性が向上している。カラーカメラドアホンと合わせて利用することもできる。また、人感センサ/ガラスセンサといった防犯センサを接続し、外線への自動発報や威嚇音を送出するといったセキュリティソリューションの提供も予定されている。なお価格は、ひかり電話×2チャネル、標準電話機×2台、コードレス電話機×1台の構成で、「主装置タイプ」が29万1000円、「主装置内蔵タイプ」が26万9000円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016915


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ