MPT、ファイルサーバなどの障害情報を可視化できる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MPT、ファイルサーバなどの障害情報を可視化できる製品を発売


掲載日:2006/12/26


News

 株式会社エム・ピー・テクノロジーズは、米WysDM Software,Inc.のリアルタイム監視ソリューション「WysDM for Backups」/「WysDM for Fileservers」を、発売した。

 「WysDM for Backups」/「WysDM for Fileservers」は、バックアップ環境や複数のファイルサーバを常時監視し、障害情報レポートを可視化するソリューション。過去/現在のレポーティングに加え、未来に起こりうる障害を予測し、管理者へ通知することができる。エージェントが不要で、バックアップサーバやファイルサーバへの負荷を抑えている。レポーティング機能は、ドリルダウン式により様々な角度からの情報表示が可能で、複数の情報を組み合わせて表示させることでレポートを自動生成し、提供することができる。


出荷日・発売日 2006年12月25日 発売
価格 お問い合せ下さい

「エム・ピー・テクノロジーズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 ActiveImage Protector 2016 R2 【ネットジャパン】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 ランサムウェア対策にもバックアップが有効って本当? その理由は…… 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか?

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016904


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ