事例:松下システムソフト、BusinessObjects XIなどで経営可視化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:松下システムソフト、BusinessObjects XIなどで経営可視化


掲載日:2006/12/26


News

 日本ビジネスオブジェクツ株式会社は、同社のデータ統合ソリューションと統合BIプラットフォームの新版により、松下システムソフト株式会社がBSC(バランススコアカード)による経営の可視化を行なったと、発表した。

 松下システムソフトでは、経理部門や営業部門の事務担当者が、分断されたシステム内からダウンロードされたデータを手作業で表計算ソフト上で集計し、月次でレポートを作成していた。間接部門にかかる経常コストの削減や、週次/日次でのタイムリーなビジネス状況の把握、経営層に対する迅速な経営状況の可視化と課題対応の迅速化が、事業構造改革、マネジメント改革、風土/意識改革の3つの改革のためにも求められていた。

 3つの改革ごとにKPI(業績評価指標)を策定し目標を定め、モニタリングしていくための経営管理方法論としてBSCを採用し、これを実装する手段としてビジネスオブジェクツのEnd to Endの統合BIソリューションを導入した。これにより、従来は縦割りで構築されてきた勤怠管理/収支管理/経理システムなど各アプリケーション内に散在するデータをビジネスオブジェクツのデータ統合製品「Data Integrator XI」で抽出/加工/統合し、信頼性に優れたDWH(データ基盤)を構築した。

 同DWH内データを可視化/活用するために、ビジネスオブジェクツの統合BI基盤「BusinessObjects XI」も導入した。BSCの4つの視点(財務/顧客/内部プロセス/学習と成長)ごとのKPIがダッシュボード上に可視化され、ダッシュボード上で問題が発見されれば即座にワンタッチで、原因を探るための詳細なレポーティングや分析が可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

高度なセルフBI:オラクルのデータ可視化サービス 【日本オラクル】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 汎用データマイニングツール「Visual Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】
BI BI BI BI BI
特別なスキル不要で業務部門でも手軽に使えるクラウド型のデータ可視化サービス。
データを組み合わせ高度な分析ができる上、スモールスタートしやすいライセンス体系。
高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 日本発の本格汎用データマイニングツール。データ処理の流れをアイコン表示する直感的でビジュアルプログラミング環境を提供。1000万件以上のデータにも余裕で対応する。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016902


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ