事例:松下システムソフト、BusinessObjects XIなどで経営可視化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:松下システムソフト、BusinessObjects XIなどで経営可視化


掲載日:2006/12/26


News

 日本ビジネスオブジェクツ株式会社は、同社のデータ統合ソリューションと統合BIプラットフォームの新版により、松下システムソフト株式会社がBSC(バランススコアカード)による経営の可視化を行なったと、発表した。

 松下システムソフトでは、経理部門や営業部門の事務担当者が、分断されたシステム内からダウンロードされたデータを手作業で表計算ソフト上で集計し、月次でレポートを作成していた。間接部門にかかる経常コストの削減や、週次/日次でのタイムリーなビジネス状況の把握、経営層に対する迅速な経営状況の可視化と課題対応の迅速化が、事業構造改革、マネジメント改革、風土/意識改革の3つの改革のためにも求められていた。

 3つの改革ごとにKPI(業績評価指標)を策定し目標を定め、モニタリングしていくための経営管理方法論としてBSCを採用し、これを実装する手段としてビジネスオブジェクツのEnd to Endの統合BIソリューションを導入した。これにより、従来は縦割りで構築されてきた勤怠管理/収支管理/経理システムなど各アプリケーション内に散在するデータをビジネスオブジェクツのデータ統合製品「Data Integrator XI」で抽出/加工/統合し、信頼性に優れたDWH(データ基盤)を構築した。

 同DWH内データを可視化/活用するために、ビジネスオブジェクツの統合BI基盤「BusinessObjects XI」も導入した。BSCの4つの視点(財務/顧客/内部プロセス/学習と成長)ごとのKPIがダッシュボード上に可視化され、ダッシュボード上で問題が発見されれば即座にワンタッチで、原因を探るための詳細なレポーティングや分析が可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

ビジネスの決断を導く、説得力が増すデータ分析結果の伝え方 【Tableau Japan】 BIの新たな進展:BI製品ベンダーは、次の波をどうつかもうとしているか(Actionista!) 【ジャストシステム】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法 【Tableau Japan】 「セルフサービスBI」移行ガイド:プラットフォーム選定の基準を徹底解説 【Tableau Japan】
BI BI BI BI BI
ビジネスの決断を導く、説得力が増すデータ分析結果の伝え方 BIの新たな進展:BI製品ベンダーは、次の波をどうつかもうとしているか 高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法 「セルフサービスBI」移行ガイド:プラットフォーム選定の基準を徹底解説

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016902


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ