ホブス、アクセス可能な無線LAN APの状態を表示する探知器を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ホブス、アクセス可能な無線LAN APの状態を表示する探知器を発売


掲載日:2006/12/22


News

 ホブス株式会社は、無線LANにアクセスできるかどうか、アクセスポイントの状態を表示できるデジタル無線LAN探知器「DHF-3410」を、12月より発売する。価格は、1万7000円となっている。

 「DHF-3410」では、ボタンを押す操作で、アクセス可能なアクセスポイントの数を表示し、各アクセスポイントのSSID(識別子)/電波状況/チャネル番号/セキュリティなどの情報を本体液晶画面に表示することができる。液晶画面はバックライトも備えている。また、セキュリティ状態も容易に表示できるため、社内ネットワークのセキュリティ向上を図ることもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 1万7000円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査 【SAS Institute Japan】 実践から見えてきた、ワークスタイル変革に本当に必要なこと 【日立システムズ+他】 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 【KDDI】 最適なアクセスポイントに常時接続、IEEE 802.11acも徹底活用できる無線LAN運用 【日立システムズ+他】 「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか? 【KDDI】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査 IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 最適なアクセスポイントに常時接続、IEEE 802.11acも徹底活用できる無線LAN運用 「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか?

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016880


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ