MNES、Webワークフローソフトと「desknet’s」の連携製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MNES、Webワークフローソフトと「desknet’s」の連携製品を発売


掲載日:2006/12/19


News

 松下ネットソリューションズ株式会社は、同社のWebワークフローソフト「MajorFlow for .NET Ver3.1」を株式会社ネオジャパンのWebグループウェア「desknet’s」と連携し、各種申請業務を「desknet’s」のポータル画面から容易に行なうことができる「MajorFlow for.NET desknet's 連携製品」3製品を、発売した。

 「MajorFlow for .NET Ver3.1」は、Webブラウザから各種処理が可能なワークフローソフトウェア。申請フォームを容易に作成できる“帳票ジェネレータ機能”を標準で装備し、ノンプログラミングで設計/開発することができる。旅費/交際費/出張/経費精算などの申請帳票を備えた“経理系モジュール”も用意されている。

 今回発売された連携製品により、「desknet’s」と「MajorFlow for .NET Ver3.1」がシングルサインオン(1度のID/パスワード認証)で利用でき、「desknet’s」のポータル画面から申請/承認/承認状況参照などが可能となる。また、「desknet’s」で登録済みの各種マスターデータを連携でき、データ入力作業量を軽減することができる。

 「desknet’s Enterprise Edition」と連携する「MajorFlow for.NET Ver3.1 desknet’s Enterprise版連携モジュール」と、「desknet’s standard」と連携する「MajorFlow for .NET Ver3.1 desknet’s standard版連携モジュール」に加え、「MajorFlow for .NET Ver3.1」にMSDE(Microsoft Data Engine)が同梱された「MajorFlow for.NET desknet’s standard 連携版 Ver3.1」の計3製品が用意されている。


出荷日・発売日 2006年12月18日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

OpenCube Workflow 【NTTデータ・スマートソーシング】 企業のデジタル変革への第一歩――「電子サイン」ポリシー策定を徹底解説 【アドビ システムズ】 コラボフロー 【コラボスタイル】 「自らを破壊者に」――老舗銀行が新興企業に対抗できた理由とは 【アドビ システムズ】 Create!Webフロー 【インフォテック】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
業務の可視化や改善、内部統制にも使えるソフトウェアパッケージ。 TCOを下げたい企業に最適。
Webフォームのほか、Word、Excelも回覧できる、高機能ワークフローソフト。
電子署名の導入ガイド:企業が取るべき対応とは?実際の記述、周知まで徹底解説 Excel帳票をデザインしてWebフォームに変換。申請経路をパズル感覚で簡単設定し、1申請書類から運用が可能なワークフロー。充実の連携パーツで様々なシステム連携も可能! エクスペリエンスビジネスを実践する老舗企業のデジタル変革とは 一般的な会社組織での申請/決裁業務にはもちろん、店舗運営や事業所に分かれている会社、またはグループ分割している会社など多様な組織で利用できるWebシステム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016814


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ