事例:掖済会病院、病診連携システムに「FirePass」などを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:掖済会病院、病診連携システムに「FirePass」などを採用


掲載日:2006/12/15


News

 F5ネットワークスジャパン株式会社は、名古屋掖済会病院が構築している病診連携システム“エキサイネット”に、SSL-VPN製品「FirePass」が採用されたと、発表した。

 掖済会病院では、地域クリニックとの医療連携を支援する医療情報共有システム“エキサイネット”を構築している。これにより、患者の診療情報を院外のクリニックと共有し、地域医療の最適化を図っている。今回、漏洩の許されない患者の診療情報をオンラインで送受信できるセキュアなアクセス環境を構築するため、F5の「FirePass」とペンティオ株式会社の証明書格納デバイス「Pentio PKI USB Token」を組み合わせたソリューションを取り入れた。

 掖済会病院は、地域の中核病院として80以上ものクリニックと連携しており、救命救急センターも備えている。「FirePass」の機能連携で可能となった画像表示により、深夜などの当直医師しかいない時間帯の救急患者への対応時は、院内の医師も自宅のPCから検体検査結果や放射線画像を参照し、病院に到着する前に電話で初期対応の指示を出すなど迅速な対応が可能となった。投薬/注射オーダや検体検査結果、放射線画像、退院サマリーなど診療情報全般を参照することができる。また、セキュアなアクセス環境が構築されたことで、開示情報の幅も拡大し、病院側からの一方的な開示に加えクリニックでの診療情報のアップロードも可能となった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-VPN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-VPN」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-VPN」関連の製品

閉域ネットワークサービス EINS/MOW-DCAN 【インテック】
IP-VPN
ユーザ拠点とインテックのDCや各種クラウドサービスをシームレスに接続できる閉域ネットワークサービス。快適で信頼性の高いネットワークを低コストで利用できる。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016786


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ