アライドテレシス、WPA/WPA2対応の11a/b/g無線LAN APを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アライドテレシス、WPA/WPA2対応の11a/b/g無線LAN APを出荷


掲載日:2006/12/14


News

 アライドテレシス株式会社は、WPA(Wi-Fi Protected Access)/WPA2セキュリティ対応IEEE802.11a/b/g無線LANアクセスポイント「AT-TQ2403」を、12月15日より出荷する。価格は、3万8800円となっている。

 「AT-TQ2403」は、IEEE802.11a(新5GHz帯国際標準バンドW52/W53)とIEEE802.11b/gに対応し、11aと11b/gそれぞれを同時使用できる、企業向け無線LANアクセスポイント。セキュリティ機能は従来のWEPに加えWPA/WPA2に対応し、アクセスポイントに接続するクライアントPCなどに対してRADIUSサーバによる認証とTKIP/AESによる暗号化が可能となっている。また、SSIDの隠蔽や近隣アクセスポイントの検出機能などの機能もサポートしている。

 VLAN(仮想LAN)機能をサポートし、外部RADIUSサーバと組み合わせることで、認証ユーザーに自動的にVLANを割り当てる“ダイナミックVLAN”への対応や、ゲスト接続用にVLAN割り当て、専用Webページの用意も可能となる。また、ネットワーク使用率に応じて接続クライアント数をコントロールするロードバランス機能や、WMM(Wi-Fi Multimedia)による無線インターフェースの優先制御と、有線側のDiff-Servやpriority tagとの対応付けも可能となっている。アクセスポイント同士の通信を可能にするWDS(Wireless Distribution System)にも対応しており、無線経由で複数アクセスポイント間の通信が可能なほか、スパニングツリープロトコルによりループの発生を防止することができる。

 有線インターフェースの10BASE-T/100BASE-TXポートは、IEEE802.3af PoE(Power over Ethernet)規格の受電機能をサポートしている。設定/管理はWebブラウザを使用して行なうことができ、複数アクセスポイントのグループ化が可能なため、設定の一括変更や、ユーザーの一括登録なども容易に行なうことができる。簡易RADIUSサーバ機能を内蔵し、IEEE802.1x認証を容易に導入することができる。


出荷日・発売日 2006年12月15日 出荷
価格 3万8800円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アクセスポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アクセスポイント」関連情報をランダムに表示しています。

「アクセスポイント」関連の製品

D-Link クラウド管理型 Wi-Fiソリューション DBA-1510P 【ディーリンクジャパン】
アクセスポイント
無線LANをクラウドから一元管理する次世代ソリューション「D-Link Business Cloud」に対応した無線LANアクセスポイント。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016776


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > アクセスポイント > アクセスポイントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ