MDIT、インテル vProテクノロジー対応のビジネス用PCなどを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MDIT、インテル vProテクノロジー対応のビジネス用PCなどを発表


掲載日:2006/12/14


News

 三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社は、ビジネス用PC「apricot」シリーズで、ビジネスPC向けプラットフォーム“インテル vProテクノロジー”対応モデルなどを、12月14日より順次受注する。BTO方式で販売される。

 今回発表されたのは、デスクトップPC「CX E3」シリーズ/「CX R4」シリーズとノートPC「AL R7」シリーズ。「CX E3」シリーズでは、Core 2 Duoプロセッサを搭載した“インテル vProテクノロジー”対応モデルが用意されており、同テクノロジにより省電力化や遠隔管理が可能となっている。また、2台中1台のHDDが故障しても業務を継続できるRAID1や、読み込み専用のDVD-ROMデバイスを選択することができる。

 「AL R7」シリーズでは、FeliCaポートの内蔵を選択することができる。「CX E3」シリーズ/「AL R7」シリーズは、セキュリティチップ(TPM)を搭載している。いずれの製品も、J-MossグリーンマークとPCグリーンラベル制度に対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016766


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ