日本HP、障害時のデータ復元時間を短縮するストレージソフト出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、障害時のデータ復元時間を短縮するストレージソフト出荷


掲載日:2006/12/14


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、Microsoft SQL Server/Exchange Serverシステムで、障害時のデータリストアにより可用性を向上するストレージソフトウェア「HP StorageWorks Application Recovery Manager(AppRM)」を、2007年1月中旬より出荷する。価格は、170万円からとなっている。

 「AppRM」は、HP製ストレージ製品のボリューム複製機能とWindows 2003標準搭載のVSS(Volume Shadow Copy Services)を利用し、SQL ServerやExchange Serverなどのアプリケーション運用中のバックアップと、障害時の高速なリストアを可能とするソフトウェア。SQL Server 2005とExchange Server 2000/2003に対応している。他社製バックアップソフトとの組み合わせが可能で、既存のバックアップソフトをテープバックアップに利用しながら、ディスクバックアップによる障害時の高速リストア環境を構築することができる。

 商用ボリュームの障害時に、あらかじめ取得してあるクローンボリュームへの切り替えを行なうため、テープメディアのマウントや、テープの先頭からデータを探すことが不要となっている。これにより、復旧作業時間の短縮が可能となる。今回出荷される製品はHPのディスクアレイ製品「HP StorageWorks Enterprise Virtual Array」対応版で、今後同社のハイエンドディスクアレイ製品「HP StorageWorks ディスクアレイ XP」にも対応する予定。


出荷日・発売日 2007年1月中旬 出荷
価格 170万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】 データ保護に関するアンケート 【ネットワールド/arcserve Japan】 定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 【日本アイ・ビー・エム】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
実行可能で信頼性の高い「災害復旧」を確立する 5つの原則とは 【Google Homeが当たる】データ保護についてのアンケート 定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016765


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ