スカイウェイブなど、個人携帯通話料を公私分計できる製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


スカイウェイブなど、個人携帯通話料を公私分計できる製品を発売


掲載日:2006/12/13


News

 スカイウェイブ株式会社とメディアドライブ株式会社は、名刺相手に限定して通話料を自動で公私区分し、個人の携帯電話端末の業務利用を支援するソリューション「名刺ファイリング・サーバ v2.0 電話連携版 + SkyIP-PBX/TalkAgent」を、発売した。

 「名刺ファイリング・サーバー v2.0 電話連携版 + SkyIP-PBX/TalkAgent」は、取引先の名刺をサーバで一元管理し、容易に検索/通話可能とする製品。携帯ブラウザから名刺ファイリングサーバへアクセスして相手の名刺を検索し、名刺の番号をクリックすることで、サーバを経由した公私分計通話が可能となる。携帯からの通話でも発信者番号を会社番号として表示できるほか、発信履歴は携帯電話に残さずに利用することができる可能となっている。DoCoMo/au/SoftBankの様々な携帯電話に対応している。


出荷日・発売日 2006年12月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016740


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ