IIJと日本BEA、“RFID2.0”のための標準プラットフォームを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IIJと日本BEA、“RFID2.0”のための標準プラットフォームを提供


掲載日:2006/12/07


News

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)と日本BEAシステムズ株式会社は、IIJのEPC Networkサービスと日本BEAのRFID製品群の連携により、ネットワークを介して企業内/企業間の業務システム全体にRFIDを組み込み利用する“RFID2.0”対応のプラットフォームを、提供する。

 今回の協力により、RFID情報をネットワークを介して利用するIIJの「IIJ EPC Networkサービス」と、日本BEAのRFID利用のためのソフトウェア基盤「BEA WebLogic RFID Edge Server」、リアルタイムなRFIDデータ管理を可能とする「WebLogic RFID Enterprise Server」を連携させたシステム環境を構築した。また、RFIDの検証施設などに両社のプロダクトを導入したデモ環境を構築し、ユーザーがEPCglobal Networkを利用したRFIDシステムを実際に体験/検証できる場を提供する。今後は、今回のパイロットシステムをベースに、オープンな標準プラットフォームとして各社RFID製品との連携を拡大していく。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

パブリッククラウドワークロードの保護に必要な10の視点とは? 【パロアルトネットワークス】 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 【CA Technologies】 ユーザーID棚卸ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 「情報漏えい対策製品」に関するアンケート 【CA Technologies】 ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
パブリッククラウドワークロードの保護に必要な10の視点とは? 脅威分析で自動的にリスク緩和、特権アクセスを守る4ステップ これまで手作業で行ってきたID棚卸の自動化を実現。 Amazonギフト券3000円分が当たる★情報漏えい対策製品に関するアンケート実施中 デジタルアイデンティティー管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016671


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ