IIJと日本BEA、“RFID2.0”のための標準プラットフォームを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IIJと日本BEA、“RFID2.0”のための標準プラットフォームを提供


掲載日:2006/12/07


News

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)と日本BEAシステムズ株式会社は、IIJのEPC Networkサービスと日本BEAのRFID製品群の連携により、ネットワークを介して企業内/企業間の業務システム全体にRFIDを組み込み利用する“RFID2.0”対応のプラットフォームを、提供する。

 今回の協力により、RFID情報をネットワークを介して利用するIIJの「IIJ EPC Networkサービス」と、日本BEAのRFID利用のためのソフトウェア基盤「BEA WebLogic RFID Edge Server」、リアルタイムなRFIDデータ管理を可能とする「WebLogic RFID Enterprise Server」を連携させたシステム環境を構築した。また、RFIDの検証施設などに両社のプロダクトを導入したデモ環境を構築し、ユーザーがEPCglobal Networkを利用したRFIDシステムを実際に体験/検証できる場を提供する。今後は、今回のパイロットシステムをベースに、オープンな標準プラットフォームとして各社RFID製品との連携を拡大していく。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

ユーザID所有者見える化ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 【エンカレッジ・テクノロジ】 「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 【CyberArk Software】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
さまざまな情報ソースから「人」と「ID」の情報を収集し、膨大に存在するIDの所有者を明確化・可視化するための統合ID管理ソリューション。 管理者権限の不正利用を防ぎ、リスク要因を減らす機能の導入方法とは? 国家だけのリスクではないインサイダー脅威、過去の事件集から対策を解説 会社内部から高度なサイバー攻撃が行われた場合、防ぐ手だてはあるのか? 申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016671


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ