エレコム、USB接続の指紋認証デバイス/指紋認証メモリを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エレコム、USB接続の指紋認証デバイス/指紋認証メモリを発売


掲載日:2006/12/06


News

 エレコム株式会社は、USBポートに直付けできる指紋認証デバイス「CR-FP2」と、指紋認証付きUSBフラッシュメモリ「CR-FP3M512」を、12月上旬より発売する。価格は、「CR-FP2」が8400円、「CR-FP3M512」が1万1700円となっている。

 「CR-FP2」は、Windowsのログオンや、暗号化されたファイル/フォルダの読み取り、スクリーンセーバの解除などで指紋認証できる製品。データを暗号化してアクセス時に指紋認証を要求する設定も可能となっている。携帯時に指紋認証面を保護するキャップが付属している。「CR-FP3M512」は、容量512MBで、メモリ上のデータにアクセスする際に指紋認証が要求される。データは暗号化された状態で保存されており、第3者によるデータ閲覧を防止することができる。

 インターネット関係のパスワードの保存やお気に入りの保存が可能なユーティリティがあらかじめインストールされている。指紋認証によりPCを保護する簡易ロック機能も搭載している。携帯時はカバーケースをスライドさせて指紋認証面を保護することができる。また両製品とも、スライド式認証により、読み取り面に残った指紋からの指紋データ偽造を防止することができる。

(写真:「CR-FP3M512」)


出荷日・発売日 2006年12月上旬 発売
価格 「CR-FP2」:8400円/「CR-FP3M512」:1万1700円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 CISO調査から浮かんだセキュリティ体制「3つの脆弱性」、打つべき次の手は? 【ServiceNow Japan】 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】 クラウドによる業務効率化とコンプライアンスを両立する「CASB」活用法 【マクニカネットワークス】 「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 【サイバネットシステム】
認証 認証 認証 認証 認証
次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 CISO調査から浮かんだセキュリティ体制「3つの脆弱性」、打つべき次の手は? 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? クラウドによる業務効率化とコンプライアンスを両立する「CASB」活用法 「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016656


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ