ネオジャパン、大規模向けWebグループウェアの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネオジャパン、大規模向けWebグループウェアの新版を出荷


掲載日:2006/12/05


News

 株式会社ネオジャパンは、数百名〜数万人の規模で利用可能なWebグループウェアの新バージョン「desknet’s Enterprise Edition バージョン4.6」を、出荷した。価格は、50ユーザーライセンスが50万円、無制限ユーザーライセンスが1000万円などとなっている。

 「desknet’s Enterprise Edition」は、データ管理にOracle/SQL Server/PostgreSQLなどの汎用DBを採用したWebグループウェア。今回の新バージョンでは、ワークフロー機能が拡張された。申請書式の選択で申請経路が自動選択されるほか、全社規模の組織横断プロジェクトでの利用を想定し、階層組織を飛び越した仮想グループの作成が可能となっている。また、組織階層は10階層、申請経路数は無制限に設定することができる。

 セキュリティ強化として、添付ファイルを開く際に“すぐに開く”/“一旦保存する”の選択確認画面を表示し、悪意のある添付データを1クリックで開くことを防止することができる。メール送信時にユーザー認証する“SMTP Auth”にも対応したほか、パスワードの“有効期間はあと何日”という通知を各ユーザーのトップ画面に自動発信する機能も追加された。

 文書管理機能では、文書を登録/変更/削除した際に関係者に通知メールを送信する機能が追加されたほか、フォルダ作成権限設定、複合機との連携、タブメニュー設定でのクッキー認証が可能となっている。Webメールでは、メールの参照画面と新規作成画面を別ブラウザに表示させることも可能となった。運用管理の利便性向上や検索/整理の簡素化も図られている。


出荷日・発売日 2006年12月4日 出荷
価格 お問い合せ下さい

「ネオジャパン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

Garoon on cybozu.com 【サイボウズ】 「サイボウズ Office 10」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】 クラウドグループウェア 「サイボウズ Office on cybozu.com」 【サイボウズ】 ガリガリ君の赤城乳業、クラウドでスピード経営へ 老舗の挑戦 【KDDI】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。 表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」上で、データベースとして活用できる機能。 グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。 45000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 情シスの決断でOffice 365のスピード導入に成功――赤城乳業事例

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016638


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ