提携:NEC、強化したシステム構築統合開発環境を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:NEC、強化したシステム構築統合開発環境を出荷


掲載日:2006/12/04


News

 日本電気株式会社は、マイクロソフト株式会社/アドビシステムズ株式会社/IDSシェアー・ジャパン株式会社/株式会社サン・プラニング・システムズと技術的に協業し、システム構築統合開発環境「SystemDirector Enterprise V2.1」を、出荷した。

 「SystemDirector Enterprise V2.1」は、企業内の基幹システムや企業間の業務連携システムなど、Javaや.NET Frameworkを利用したマルチプラットフォーム環境での開発を支援するシステム開発環境。今回、Java/.NET Framework両者を利用するハイブリッドモデル開発環境「SystemDirector Enterprise for Hybrid」も製品化され、クライアント用アプリケーションにWindowsフォームを、サーバ用アプリケーションにJavaを利用するといった、ハイブリッドなシステムを容易に開発することができる。クライアント(.NET Framework)とサーバ(Java)を繋ぐ部分には、NECが開発したゲートウェイ部品「EJB-GW」を組み込んでおり、開発の効率化を図っている。

 既存のJava向け開発環境/.NET向け開発環境も強化され、アドビシステムズのリッチクライアントアプリケーション開発ツール「Flex 2」やJavaの“Swing”技術に対応したリッチクライアント構築基盤が提供される。「Flex 2」/“Swing”対応のいずれも同一の開発プロセスで統合されており、共通の作業手順でSIを進めることができる。“Swing”モデルでは画面レイアウトエディタにVisualEditorを採用し、“Swing”用画面部品34種類を製品として組み込んでいる。

 また、業務プロセスをモデル化するツールとして、IDSシェアー・ジャパンの「ARIS」とサン・プラニング・システムズの「iGrafx」を採用し、開発方法論として組み込んでいる。モデル作成からシステム開発への円滑な移行を可能にするリポジトリ連携機能を備え、上流で作成したドキュメント間の設計情報の不整合を自動的にチェックすることができる。なお価格は、「for Hybrid」が800万円から、「for Java」/「for .NET」が500万円からとなっている。


出荷日・発売日 2006年11月30日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発環境/BaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発環境/BaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「開発環境/BaaS」関連の製品

脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の4大課題解決法 【セールスフォース・ドットコム】 クラウド開発基盤 Web Aviator(PaaS) 【キヤノンITソリューションズ】 モバイルアプリ開発/運用プラットフォーム 『AppPot』 【NCデザイン&コンサルティング】 Ethereumも自在に展開、Azure活用で迅速なブロックチェーン開発 【日本マイクロソフト】 Visual Studio用開発支援ツール ComponentOne Studio 【グレープシティ】
開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS
脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法 クラウドやオンプレミスで稼働させるWebアプリケーションの開発、検証、本稼働を迅速に行えるクラウド開発基盤。クラウド&標準技術&GUIツールでスピード開発を実現。 企業向けモバイルアプリ開発を支援するプラットフォーム。アプリごとのサーバーサイドの開発が不要になり、開発工数を30%〜70%削減できる。 Azureでブロックチェーン開発、スマートコントラクト基盤も迅速・低コスト展開 Visual Studioで利用する複数のコンポーネントを搭載、多様なプラットフォームで利用可能なオールインワン開発支援ツール。
年3回の機能更新で、常に最新の開発環境を提供。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016623


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ