あさかわシステムズ、建設業向け総合情報システムの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


あさかわシステムズ、建設業向け総合情報システムの新版を発売


掲載日:2006/12/04


News

 あさかわシステムズ株式会社は、建設業向け総合情報システムの新版「ガリバー/Win32 Ver4.0」を、発売した。価格は、最小システム構成で30万円からとなっている。

 「ガリバー/Win32」は、支払/財務/原価/給与といった基幹系の4システムを1つに結んだトータルシステム。今回のバージョンアップにより、支払系システムでは、注文書発行/発注明細書の初期表示条件入力時に部署コードでの絞り込みが可能となっている。支払情報登録/発注契約登録/発注契約登録(細目)の際に、発注工種に発注内訳の費目名称を自動で表示するかどうかを選択することができる。

 財務系システムでは、総勘定元帳/補助簿の消費税詳細区分/名称の出力に対応している。総勘定元帳/勘定内訳元帳のCSV出力が可能なほか、詳細元帳のドリルダウン機能などが追加されている。原価系システムでは、受注工事登録/原価情報登録の際に、初期設定で、消費税区分/課税区分の初期値を設定することができる。受注工事登録時に初期値を表示することもできる。発生原価がなくても請負金額のみで工事状況一覧を出力することなどもできる。

 給与系システムでは、源泉徴収票印刷の際に、役職欄への資格コードの名称出力をする/しないを選択することができる。給与支給/控除一覧表の支給合計欄の下に俸給/給与などの金額を追加出力することもできる。算定基礎届計算/月額変更届計算では、欠勤日数がある場合は、月間所定労働日数から欠勤日数を引いた日数を表示することなどができる。また、請求入金では、請求入力(明細)の消費税金額の合計表示が可能なほか、得意先元帳で部門別に出力した場合に部門ごとの前残を出力することができる。請求書/請求書(工事別)では単位の文字フォントを文字数に応じて変更することもできる。


出荷日・発売日 2006年12月1日 発売
価格 最小システム構成:30万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

労務管理システム 「jinjer労務」 【ネオキャリア】 ITエンジニアスキル可視化システム HackerEarth Recruit 【ウェブスタッフ】 「採用管理システム」11製品を徹底比較――導入のポイントは? 【Donuts】 良い人材を採るチャンスを増やす、求人管理システムで採用を強化 【Donuts】 POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理) 【電通国際情報サービス】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
社会保険の各種手続きをオンライン化する労務管理システム。
書類の作成/申請がWeb上ででき、従業員情報、扶養家族、住所変更、社会/健康保険などの情報も一元管理できる。
企業のITエンジニア採用を支援するサービス。ITエンジニアのスキルを可視化し、採用担当者の負担軽減、ミスのない採用を支援する。選考にかかるコストの削減にも貢献。 「せっかく導入したのに使わない!」を防ぐには? 採用管理システムを一挙比較 採用業務が効率化できると、より良い人材の確保につながる。その理由は…… 2000社超の導入実績で培ったノウハウを活かした製品。人事・給与・就業管理に加えて、タレントマネジメントやグローバル人事など広範な機能を網羅した統合HCMパッケージ。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016621


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ