ソフトエイジェンシー、コマンドラインアンチウイルス製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトエイジェンシー、コマンドラインアンチウイルス製品を発売


掲載日:2006/12/04


News

 株式会社ソフトエイジェンシーは、ルーマニアのソフトウィンの販売パートナーとして、LinuxとFreeBSDのコマンドラインアンチウイルススキャナ「ビットディフェンダー・アンチウイルススキャナ for Unices」を、発売した。

 「ビットディフェンダー・アンチウイルススキャナ for Unices」は、Linux/FreeBSD上で動作し、ユーザーが指示した場合にのみアンチウイルスを実行するツール。コマンドの実行で使用できるほか、既存のソフトウェアから外部コマンドとして呼び出すことで、様々なソフトウェアにウイルススキャン機能を持たせることができる。これにより、ファイルマネージャ「Midnight Commander」/「KDE Konqueror」やメールクライアント「pine」/「Evolution」で、拡張機能やスクリプトを利用しウイルスチェックが可能となる。また、社内のWebポータルにファイルをアップする際に、ポータル側をカスタマイズしてウイルスチェック機能を持たせることもできる。

 システム全体のスケジュールを設定してスキャンを実行でき、サーバを会社などでマルチユーザーで利用している環境では、ユーザーごとにアンチウイルスの動作ポリシーを変更することができる。なお価格は、1年間で、ユーザー数が1〜10人の場合が3万315円、51〜100人の場合が21万1365円(いずれも税込)などとなっている。


出荷日・発売日 2006年12月4日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

2018年に警戒すべき脅威は? 最新調査で見えた攻撃動向の変化と対策 【日本アイ・ビー・エム】 新種の脅威を防ぐ機械学習、その機能は「3つの観点」で評価する 【パロアルトネットワークス】 マルウェア対策に機械学習が効果的な理由。攻撃者をしのぐ技術とは? 【ジュニパーネットワークス】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 ランサムウェア対策ソフト 「AppCheck」 【JSecurity】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
2018年に警戒すべき脅威は? 最新調査で見えた攻撃動向の変化と対策 新種の脅威を防ぐ機械学習、その機能は「3つの観点」で評価する マルウェア対策に機械学習が効果的な理由。攻撃者をしのぐ技術とは? AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版ダウンロードにより試用もできる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016618


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ